The Heart Asks Pleasure First

2015年06月29日

The Heart Asks Pleasure First : Nightwish




Silent night surrounding me
静かな夜が私を包んでいる
On the shore of wistful sea *1
物言いたげな海の浜辺で
A kindest heart made me believe
まだ優しかった自分の心のおかげで私は信じられた
The world as I wish it to be
世界は私の望むようになると

Wind in the wheat *2
麦に吹く風
Kiss by a hearth *3
暖炉の傍らでの口づけ
Little hideaways for a lonely heart
寂しい心のための小さな隠れ家

Passed away in beauty's doom *4
美の儚い運命とともに失ってしまった
The good in me the child within
幼い頃には持っていた善良さを
A cruelest heart made me forget
残酷になった自分の心のせいで私は信じられなくなった
The world as I wish it to be
世界が私の望むようになると

Home inside but lost for life
家にいながら人生を見失い
Human heart longing for love
それでも人の心は愛を求める
Slave to the toil this mortal coil *5
労苦に囚われたこの死すべき運命の螺旋
The strife, the suffering, the void *6
争いと対立、苦しみと悩み、空虚と喪失

Wind in the wheat
麦に吹く風
Kiss by a hearth
暖炉の傍らでの口づけ
A dead calm winter morn
死んだように凪いだ冬の朝
Morning birds and a smile of a stranger
朝の鳥、見知らぬ人の微笑み

Frozen moments in time
時が凍りついた瞬間
Little hideaways, the marrow of life *7
小さな隠れ家、生命の心髄
Little hideaways for a lonely heart
寂しい心のための小さな隠れ家

Wind in the wheat
麦に吹く風
Kiss by a hearth
暖炉の傍らでの口づけ
Little hideaways for a lonely heart
寂しい心のための小さな隠れ家

Silent night surrounding me
静かな夜が私を包んでいる
On the shore of wistful sea
物言いたげな海の浜辺で
A kindest heart made me believe
優しかった私の心は私を信じさせた
The world as I wish it to be
世界は私の望むようになると


備考
  1. wistful : 切ない、諦めきれない、懐かしげな。痛切な、物言いたげな、物思いに耽る
  2. wheat : 小麦
  3. hearth : 暖炉の炉床、炉辺、家庭の団欒
  4. doom : 運命、凶運、悲運、破滅、滅亡、死。判決、宣告、最後の審判
  5. toil : 苦しい仕事、骨折り、労苦、労役
    mortal : 死を免れない、死すべき、死ぬ運命の。人間の、人類の。致命的な、致死の、命に関わる
  6. strife : 激しい衝突・対立、けんか・口論。競争、争い
    suffering : 苦しみ、苦痛、悩み
    void : 空間、空洞、真空、虚空。空虚、空しさ、喪失感
  7. marrow : 髄、髄質、骨髄、脊髄。心髄、核心。栄養物。活力、力


 2012年のシングル盤レコード "The Crow, the Owl and the Dove" のカップリング曲です。原曲は1993年のジェーン・カンピオン監督の映画 "The Piano"(邦題『ピアノ・レッスン』)のサントラとしてマイケル・ナイマンが作曲したものです。原曲には歌詞がなく、この歌詞はナイトウィッシュのリーダー、ツォーマス・ホロパイネンが書いたものです。
 歌詞は、映画の内容にある程度沿っているように見えますが、曲名の由来である詩の作者エミリー・ディキンソンを意識しているようにも思えます。米マサチューセッツ州の名家で生まれた彼女は、一生を独身で過ごしその生涯のほとんどを生家から出ることなく隠者のような生活を送ったそうです。そして、彼女の作る詩はなぜかタイトルが付けられていなかったということです。


  


  The heart asks pleasure first,
  心は、まず初めに快楽を求めようとする
  And then, excuse from pain;
  その次に、苦痛から免れようとする
  And then, those little anodynes
  その次に、このちっぽけな鎮痛剤で
  That deaden suffering;
  苦難を和らげようとする

  And then, to go to sleep;
  その次に、眠りにつこうとする
  And then, if it should be
  その次に、もしそれが逃れようのない
  The will of its Inquisitor,
  心の審問官の意志であるのなら
  The liberty to die.
  死ぬ自由がある
             (by Emily Elizabeth Dickinson)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/303-42fb1138
    この記事へのトラックバック


    最新記事