Terrorist?

2016年02月07日

Terrorist? : Lowkey




So, we must ask ourselves. What is the dictionary definition of "Terrorism"?
まずは自問しなければならない。「テロリズム」の辞書的な定義は何だ?
The systematic use of terror especially as a means of coercion
「テロの組織的な使用。特に抑圧・強制・圧政の手段として」
But what is terror?
では「テロ」とは?
According to the dictionary I hold in my hand
手元の辞書によれば
terror is violent or destructive acts
「テロは、暴力あるいは破壊的行為であり、
such as bombing committed by groups
例えば集団によって行なわれる爆撃などがある。
in order to intimidate a populationor government into granting their demands
自分たちの要求をかなえる目的で、地域住民や政府を怯えさせ脅すために行なわれる。」
So what's a terrorist?
では「テロリスト」とは?

※ They're calling me a terrorist
彼らは私をテロリストと呼ぶ
Like they don't know who the terror is
おそらく彼らはテロリストが一体何者なのかを知らないのだろう
When they put it on me I tell them this
こういう言葉を着せられた時、私は彼らにこう言ってやる
I'm all about peace and love
私が関わるのは平和と愛だけだ
They're calling me a terrorist
彼らは私をテロリストと呼ぶ
Like they don't know who the terror is
おそらく彼らはテロリストが一体何者なのかを知らないのだろう
Insulting my intelligence
私の知性を侮辱しているんだ
Oh how these people judge ※
この人たちは何を根拠にこんな判断を下すんだろう

It seems like the Rag-heads and Paki's are worrying your Dad *1
襤褸頭やパキはあなたたちの父親を悩ませているようだ
But your dad's favourite food is curry and kebab
でも、カレーやケバブはその父親たちのお気に入りの料理だろう
It's funny but it's sad how they make your mummy hurry with her bags *2
おかしな事であり悲しい事だ。人々はどうしてバッグをしっかり抱いて逃げようとする?
Rather read "The Sun" than study all the facts *3
どうして、事実から学ぼうとせずタブロイド紙を信じる?
Tell me, what's the bigger threat to human society
教えてくれ。人間社会にとってより危険な脅威はどっちだ?
BAE Systems or home made IED's *4
世界有数の軍需企業か、それとも手作りの簡易爆弾か?
Remote controlled drones killing off human lives
遠隔操作で人間を殺す無人機械か
or man with home made bomb committing suicide
それとも自爆行為のための手作り爆弾か?
I know you were terrified when you saw the towers fall *5
WTCタワーの崩落があなたたちを恐れさせたことは知っている
It's all terror but some forms are more powerful
あれはまさしくテロだ。だが(世の中には)もっと強力な種類のものもある
It seems nuts how could there be such agony *6
「このような苦痛があっていいものか」という言葉が戯言に聞こえる
 when more Israeli's die from peanut allergies *7
 ピーナッツアレルギーで死ぬイスラエル人の方が数が多いのだから
It's like the definition didn't ever exist
まるで「定義」など存在したことがないかのようだ
I guess it's all just dependent on who your nemesis is
それはおそらく、自分たちの敵が誰かということにより、どうにでも変わるものなのだろう
Irrelevant how eloquent the rhetoric peddler is
修辞学と美文を切り売りする連中の雄弁も、見当違いで無意味だということだ
They're telling us fibs, now tell us who the real terrorist is
彼らは小さな嘘をつく。そして、誰が本当のテロリストかを私たちに教える

※~※

Lumumba was democracy - Mosadegh was democracy *8
ルムンバは民主主義だった。モサデクは民主主義だった
Allende was democracy - Hypocrisy it bothers me *9
アジェンデは民主主義だった。偽善は俺をいらだたせる
Call you terrorists if you don't wanna be a colony
植民地になることを望まなければ、テロリストと呼ばれる
Refuse to bow down to a policy of robberies
略奪政策に屈することを拒絶すれば、テロリストと呼ばれる
Is terrorism my lyrics?
私の詩はテロリズムか?
When more Vietnam vets kill themselves after the war than die in it?
自殺するベトナム退役軍人の方が戦時下の死者よりも多いのはどういうことなんだ?
This is very basic
これはとても根本的なことだ
One nation in the world has over a thousand military bases
一つの国家が世界中に千を超える軍事基地を持っている
They say it's religion, when clearly it isn't
彼らは宗教が問題だと言うが、明らかに違う
It's not just Muslims that oppose your imperialism
あなたたちの帝国主義に反対するのはイスラム教徒だけではない
Is Hugo Chavez a Muslim? Nah.. I didn't think so *10
ウゴ・チャベスはイスラム教徒か? いや、私はそうは思わなかった
Is Castro a Muslim? Nah.. I didn't think so *11
カストロはイスラム教徒か? いや、私はそうは思わなかった
It's like the definition didn't ever exist
まるで「定義」など存在したことがないかのようだ
I guess it's all just depending who your nemesis is
おそらくそれは、ただ敵が誰なのかによって決まるのだろう
Irrelevant how eloquent the rhetoric peddler is
売文屋がどれほど雄弁であろうと見当はずれで間違っているということだ
They're telling us fibs, now tell us who the terrorist is
彼らは小さな嘘をつくことで、誰がテロリストであるかを教えようとする

※~※

You think that I don't know
あなたは私が知らないと思っているが
But I know, I know, I know
私は知っている
You think that we don't know
あなたたちは私たちが知らないと思っているが
But we know
私たちは知っている
You think that I don't know
But I know, I know, I know
You think that we don't know
But we DO

Was Building 7 terrorism?
世界貿易センターはテロリズムだったのか?
Was nano-thermite terrorism? *12
ナノテルミットはテロリズムだったのか?
Diego Garcia was terrorism *13
ディエゴガルシアはテロリズムだった
I am conscious the Contras was terrorism *14
私は気づいている。コントラがテロリズムだったことを
Phosphorous that burns hands – that is terrorism *15
ひどい火傷を負わせる白燐弾。これはテロリズムだ
Irgun and Stern Gang that was terrorism *16
イルグンとシュテルンギャングはテロリズムだった
What they did in Hiroshima was terrorism
彼らが広島にしたことはテロリズムだった
What they did in Fallujah was terrorism
彼らがファルージャにしたことはテロリズムだった
Mandela ANC – they called terrorism *17
マンデラのアフリカ民族会議はテロリズムと呼ばれた
Gerry Adams IRA – they called terrorism *18
ジェリー・アダムズのアイルランド共和国軍はテロリズムと呼ばれた
Erik Prince Blackwater – it was terrorism *19
エリック・プリンスのブラック・ウォーターはテロリズムだった
Oklahoma, McVeigh – that was terrorism *20
マクベイのオクラホマ事件はテロリズムだった
Everyday USA – that is terrorism
アメリカは、その日常がテロリズムだ
Everyday UK – that is terrorism
イギリスは、その日常がテロリズムだ
Everyday…
その毎日が


備考
  1. raghead : ターバンを巻くアラブ人やイスラム教徒に対する蔑称
    Paki : パキスタンやインド、スリランカ、アフガニスタンなど南アジアからイギリスに来た移民に対する蔑称
  2. ※ "they make your mummy hurry with her bags" は直訳すると「彼らはバッグを持ったママを急がせる」だが、文脈から「移民の犯罪行為に対する根拠のない恐れ」という意味だろうと判断し、若干意訳している。
  3. The Sun : イギリスの日刊大衆新聞。露出の多い女性の写真、極右的な政治記事、真偽の不明なゴシップ記事、移民や難民に対する人種差別的な記事などで有名。
  4. BAE Systems : 世界有数の規模の航空宇宙関連・国防軍需関連企業。
    Improvised Explosive Device : 即席爆発装置。簡易的な手製爆弾のこと。
  5. ※おそらく2001年の米同時多発テロで世界貿易センターの七つのビルが炎上崩壊したことを指す。この事件による死者は3000人を超えている。
  6. nuts : 頭の変な、気のふれた、~に夢中で。最高のもの、馬鹿げた事、たわ言
  7. ※ナッツ類特にピーナッツによるアレルギーは症状が重く生涯摂取不可能なことが多い。アナフィラキシーショックを起こすと最悪の場合死に至る。
    ※欧米ではナッツアレルギーの患者が多く社会問題化しているほどであるが、イスラエルは例えばイギリスに比べると子供がピーナッツアレルギーを発症する割合が1割程度であり、それによる死者数もそれほど多くないと思われる。つまり、ローキーの歌詞は誤った知識に基づいて書かれている可能性が高い。
    ※さらに「アレルギーによる死の方がより多い」と言いながら「何よりも」の部分を明示していないため、あまり意味をなさない文となっている。また、いわゆる病気による死と戦争による人為的な死を直接的に比較するのは説得力を欠き、意見を主張する手段としてはあまり上手くない。
  8. Patrice Émery Lumumba : パトリス・エメリィ・ルムンバ(1925-1961)。ベルギー植民地時代の1958年にコンゴ国民運動の創設し独立運動の指導者として活動。1960年6月30日にコンゴ共和国として独立を果たし初代首相に就任するも、独立直後からベルギーの支援を受けたカタンガ国が分離独立し、またソ連に接近したルムンバとアメリカ寄りの初代大統領ジョゼフ・カサブブの対立が生じる。さらに、クーデターを起こしたコンゴ国軍参謀総長モブツがカサブブと手を結び、ルムンバ首相は1961年1月17日に処刑される。
    Mosadegh : モハンマド・モサデク(1882-1967)。イランの民族主義者、政治家。イラン立憲革命への参加、国民戦線の結成などを通して、当時イランに対し強い影響力を持っていたイギリスへの抵抗運動に努める。1951年に行なわれた初の民主的選挙により首相に就任する。
  9. Salvador Allende : サルバドール・アジェンデ(1908-1973)。1970~73年のチリ大統領。アジェンデ政権は、世界で初めて革命やクーデターではなく自由選挙により成立した社会主義政権。社会主義施策に富裕層や軍部は反発し、また南米の左傾化を懸念する米国に支援された反政府勢力による暗殺事件が頻発し、1973年には軍部のクーデターにより首都サンティアゴが制圧され、アジェンデは銃撃戦の末に自殺する。チリはその後軍事政権による独裁政治が続く。
  10. Hugo Chavez : ウゴ・チャベス(1954-2013)。ベネズエラの政治家、軍人。第53代大統領(任期1999-2013)。米ブッシュ政権に対し徹底した批判的立場を取った。社会主義的施策を行いマルクス主義者だと自称していた。
  11. Fidel Castro : フィデル・カストロ(1926-)。キューバ革命の指導者で革命後首相に就任、長く国家最高指導者の地位にあった。
  12. nano-thermite : 金属酸化物とアルミニウムなどのナノ粒子の混合物。着火すると金属酸化物の還元反応により高熱を発し、爆薬としても使われるが製造が難しく実用的なものは米軍にしか入手できないらしい。このナノテルミットがWTC崩壊後の粉塵から発見されたという情報があり、同時多発テロ自体がアメリカの自作自演であるという説を裏付ける一つの材料とされているが、その真偽は不明。
  13. Diego Garcia : インド洋上のイギリスの植民地だが、島全体がアメリカに貸与されており米海軍基地がある。アメリカの軍事戦略上の要衝であり、湾岸戦争、アフガニスタン戦争、イラク戦争の際爆撃機がこの基地より出撃した。
  14. contras : ニカラグアの親米反政府民兵の通称。1979年に成立した左翼サンディニスタ政権に敵対するコントラは中米の社会主義化を危惧する米レーガン政権から資金提供を受けていた。contra はスペイン語の接頭辞で英語の counter に該当し「対抗する」という意味である。実質的にはアメリカの傭兵であった反政府民兵をニカラグア政府が「革命に対する反動」という意味でコントラと呼んだ通称が一般化した。また、ニカラグア大統領ダニエル・オルテガはこのことについて「レーガンはテロリストだ」と語っている。
  15. white phosphorous : 白燐弾。白燐が大気中で自然燃焼する際吸湿して煙を発生することを利用した煙幕発生装置。2004年11月にイラクの都市ファルージャに対する攻撃で使用された際、重度の火傷をもたらす非人道的兵器だと非難されたが、それに対しては、あくまでも発煙弾であり殺傷力は通常兵器に比べても劣るため非人道的とは言えないという反対意見もある。
  16. Irgun : ユダヤ民族軍事機構。1931年に創設されたユダヤ人の武装組織。パレスチナにおいてアラブ人の追放、虐殺などを行なった。
    Stern Gang : イスラエル解放戦士団。元々 Irgun に参加していたアブラハム・シュテルンが Irgun を去った後、パレスチナにおけるイギリスの支配を廃しユダヤ人国家建設を目的として1940年に創設した。イギリス警察からはテロリスト集団と認識されていた。
  17. ※反アパルトヘイト運動の活動家であったネルソン・マンデラは27年の投獄から釈放された後1991年に南アフリカ国内の政党 "African National Congress(アフリカ民族会議)" の議長に就任した。ANC は1994年以来南アフリカ共和国の政権党である。
  18. ※ジェリー・アダムス(1948-)は1970年代後半からIRA暫定派の指導者となり、1983年から右翼政党シン・フェイン党の党首を務める。
  19. Erik Prince : 1969年生まれ。米海軍特殊部隊 SEALs 出身で1997年に民間軍事会社 Blackwater USA(現 Academi)を創設。同社はイラク戦争で大きな役割を果たしたが、2007年に同社の契約社員がイラク民間人17名を射殺する事件が起きるなど現地での非人道的行為が米国内で問題とされている。
  20. Timothy McVeigh : ティモシー・マクベイ(1968-2001)は、1995年4月19日のオクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件の主犯。死者168名、負傷者800名以上を出したこの事件は、当時アメリカ国内で史上最悪のテロ被害をもたらした事件とされた。


 2011年のアルバム "Soundtrack to the Struggle" より。私はこの歌詞の意見のすべてには賛同しません。しかし、アメリカやイギリスなどの大国が直接、間接に殺してきた人間の数はいわゆるテロ事件の犠牲者の数を遙かに上回る事、軍事行動で民間人を殺すことが故意に行なわれてきた事、この二つの事実をもっと多くの人が意識すべきだと思います。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/348-be4b1660
    この記事へのトラックバック


    最新記事