Ice Cream Man

2016年02月13日

Ice Cream Man : Tom Waits




Click by your house about two forty-five *1
2時45分頃あんたの家の前に来ると、俺の体にスイッチが入るんだ
with sidewalk sundae strawberry surprise *2
歩道からストロベリーサンデーの贈り物さ
I got a cherry popsicle right on time *3
サクランボの棒アイスも時間きっかりに持って来るぜ
I got a big stick, momma, that will blow your mind *4
ビッグスティックはきっとあんたをくらくらさせるよ

※ Cause I'm your ice cream man, I'm a one-man band, yeah
だって、俺はアイスクリーム屋だから。俺は一人楽団だから
And I'm your ice cream man
俺はあんたのアイスクリーム屋なんだ
Baby, I'll be good to you ※
なあ。あんたをきっと喜ばすぜ

If you missed me in the alley, baby, don't you fret *5
裏通りに俺を見失っても、大丈夫だ。やきもきするなよ
I'll be coming back around and don't forget
戻って来るから。忘れやしないから
When you're tired and you're hungry and you want something cool
あんたが退屈な時、腹が減ってる時、冷たいものが欲しい時
You know I got something better than a swimming pool
水遊びのプールなんかよりずっといいものを持って来てやるよ

※~※

Well if you see me coming, you ain't got no change *6
俺が来た時、小銭がないからって
Don't worry baby, it can be arranged *7
気にすることはないよ。手筈は整ってる
Show me you can smile, just for me
あんたの笑顔を見せてくれ。俺のために
And I fix you with a drumstick, I'll do it for free *8
ドラムスティックアイスであんたを元気にしてやる。ただでやってあげるよ

'Cause I'm your ice cream man, and I'm a one-man band
だって、俺はアイスクリーム屋だから。俺は一人楽団だから
And I'm your ice cream man
あんたのアイスクリーム屋なんだ
I'll be good to you
きっとあんたをきっと喜ばすぜ

I'm your ice cream man
And I'm your ice cream man


備考
  1. click : カチッ(カチリ)と音が鳴る。ピンとくる、ふと分かる。異性と意気投合する、異性にピピッとくる。人とウマが合う、しっくり行く
    ※ click の自動詞としての語感は「パチリという音がなる→スイッチが入る→瞬間的に何かを感じる」という感じらしい。ここでの使い方はよく分からないが「あんたの家の前に来ると自動的に俺の体が反応する」という意味だろうと想像して訳した。
    click one's fingers : 指をパチッと鳴らす
  2. surprise : 驚かす(驚く)こと。予期しないこと、思いがけないこと。思いがけないお祝い(パーティー・贈り物)
  3. Popsicle : ポプシクル。棒付きアイスキャンディー。ブランド名だが同種のものの普通名詞としても使われる。
  4. Big Stick : ポプシクルブランドの商品名
    blow a person's mind : 麻薬・音楽などが興奮させる、恍惚にさせる。人の頭をくらくらさせる
  5. fret : いらいらする、やきもきする、思い悩む、赤ん坊がむずがる
  6. ain't got no = don't have no = don't have
  7. arrange : きちんと並べる、整える、配置する。前もって準備・用意・手配・お膳立てする。問題などを調停する、決着させる。
  8. fix : 修理する、病人を回復させる、怪我を治す、狂っているものを正す、固定する
    drumstick : 打楽器のばち。調理した鶏・アヒル・七面鳥の脚。チョコとナッツが乗ったコーン型のアイスクリーム(商品名)


 1973年のデビューアルバム "Closing Time" より。ただし、冒頭の動画は1991年に発売された "The Early Years, Volume One"(デビュー前の録音曲を集めたアルバム)に収録された音源です。猥雑な歌詞とそれに相反する美しい旋律の組み合わせがとても魅力的です。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/350-94731873
    この記事へのトラックバック


    最新記事