Fields Of Gold

2016年02月21日

Fields Of Gold : Sting




You'll remember me when the west wind moves upon the fields of barley *1
あなたは私を思い出すでしょう。西風が大麦畑を揺らす春に
You'll forget the sun in his jealous sky as we walk in fields of gold *2
あなたは嫉妬の空の太陽を忘れるでしょう。二人で黄金の世界を歩いていれば

So she took her love for to gaze awhile upon the fields of barley *3
かくして女は、大麦の畑を眺めようと恋人の手をたずさえた
In his arms she fell as her hair came down among the fields of gold
黄金の畑で男の腕にいだかれ、女の髪はほどけた

Will you stay with me, will you be my love among the fields of barley?
ずっと一緒にいてくれる? 私の恋人でいてくれる? この大麦畑に囲まれて
We'll forget the sun in his jealous sky as we lie in fields of gold
嫉妬の空の太陽なんて忘れましょう。私たちが黄金の世界で寝転んでいる間は

See the west wind move like a lover so upon the fields of barley *4
あの西風を見て。まるで恋人がするみたいに、大麦の畑を揺り動かしている
Feel her body rise when you kiss her mouth among the fields of gold
彼女の体を感じる。あなたにキスされると私の体も浮き上がる。あの黄金色の大麦と同じ

I never made promises lightly and there have been some that I've broken
何度か破ったこともあったけれど、決して軽々しく約束したわけじゃない
But I swear in the days still left we'll walk in fields of gold *5
でも、ここに誓う。残された日々、黄金の世界を二人で歩く
We'll walk in fields of gold
黄金色の世界を二人で歩く

Many years have passed since those summer days among the fields of barley
あの大麦畑での夏の日々から長い年月が過ぎた
See the children run as the sun goes down among the fields of gold
見て。子供たちが夕暮れの黄金色の畑の中で走っている
You'll remember me when the west wind moves upon the fields of barley *6
あなたは私を思い出すでしょう。西風が大麦畑を揺らす春に
You can tell the sun in his jealous sky when we walked in fields of gold
あの嫉妬の空の太陽に伝えて。私たちが黄金の世界を歩いていた頃のことを
When we walked in fields of gold, when we walked in fields of gold
私たちが黄金の世界を歩いていた頃…


備考
  1. ※ユーラシア大陸の西岸に位置する西ヨーロッパでは、暖流である北大西洋海流に温められた偏西風により、一年中暖かい西風が吹いている。そして、ボティチェリの『ヴィーナスの誕生』や『春』にも描かれたギリシャ神話の西風の神ゼビュロスに象徴されるように、古来、暖かい西風は春の訪れを告げる優しい風としてとらえられてきた。
    ※大麦は、秋に播種して翌春に収穫する秋蒔き種と春に播種して初夏に収穫する春蒔き種がある。両方を栽培している土地であれば、黄金に色づいた大麦の姿が年二回見られることになる。従って、冒頭のこの一行は、1.春→初夏、2.春→春、3.初夏→春、3.初夏→初夏の四種類の時間の経過が成り立ち得るが、西風が春を象徴する風だとすると西ヨーロッパ人には 2 か 3 がイメージされやすいのではないだろうか。そして最後の連の初めに「あの大麦畑での夏の日々」とあることから、特に「3.初夏→春」がふさわしいのではないかと思う。それで訳文に「春に」という言葉を入れたが、これは全くの想像であり直訳では「揺らす頃に、揺らす時に」となる。
  2. ※前行の定冠詞付きの "the fields" は現実世界、現実的存在を示し、ここの無冠詞の fields は精神世界、観念的存在(イメージの拡がりとしては天上界も含意されているように思える)を示しているのだろう。
    ※ "his jealous" の his は直近の sun を指すと解するのが妥当だろうが、この歌詞では "the west wind" が男性、"the fields of barley" が女性の比喩として使われているので、"the west wind" を指すのかもしれない。そのいずれにせよ、jealous は二人の関係を阻むものを暗示している。具体的には書かれていないが、三角関係的な男か女、二人の関係に反対する親族、宗教や習慣他諸々の環境的な障壁あるいは兵役による別離などが想像できる。しかし、この歌詞にはかすかに「死」のイメージが込められているので、この「嫉妬」は二人を死によって引き裂き運命を司る「天上界や神的存在」が最も強く想像できるのではないだろうか。
  3. ※ "for to" は11世紀頃から使われていた古い形の不定詞で、現代でも方言として使われるらしい。
    awhile : しばらく、少しの時間。(文語的表現)
    ※2014年に出版された"The Art of Noise: Conversations With Great Songwriters"(by Daniel Rachel)というインタビュー集に次のような言葉がある。
    ―― "Fields of Gold" には古風な表現の歌詞がありますね。"So she took ~"
    スティング : 僕は詩に許される文法的な破格を使うことがあるんだ。(ここでは)時代を超えた観念、まるで16世紀に書かれた歌であるかのような観念を作り出したかったんだ。
    <http://www.songfacts.com/detail.php?id=1684>
    ※つまりスティングはこの2行だけを三人称の神の視点にすることで「これは二人の男女の古い物語である」というイメージを歌詞全体に付け加えたかったのだろう。
  4. 2007年に出版された "Lyrics by Sting" という本にスティングはこの歌について次のように語っている。「イングランドの自宅は大麦畑に囲まれていて、夏になると、風がその表面を揺り動かす様がまるで海原の金色に光る波のようで、見ていてとても面白いんだ。そして、この景色には、性の生得的な何か、何か根源的なものがある(と思った)…まるで風が大麦と愛を交わしているような。恋人たちはここで約束をした。そして、きっと、季節が毎年決まって巡り来ることの安心感によって彼らの絆は強められるんだ。(直上と同じURL参照)
  5. ※「残された日々」という表現は微かに「死」を暗示させる。
  6. ※この一行は冒頭と全く同じ文だが、その内容は大きく異なっている。冒頭は「あなたはこれから先私を忘れることはできない。あなたと私は一緒になるだろう」と言っており、ここの一文は「私はあなたのいる世界を離れてしまった。あなたはこれから先私を想像の世界でしか感じることができない」と言っているように見える。


 1993年のアルバム "Ten Summoner's Tales" に収録。
 この翻訳に際して、次のサイト様の解説を参考にさせていただきました。このブログで翻訳をする際は、できるだけ他の方の翻訳は見ないようにしているのですが、たまたま検索にヒットした次のサイト様の解説が丁寧で分かりやすく見事であったため、自分が翻訳する前につい読み込んでしまいました。この歌詞について深く理解したい方は、私のブログの訳文を読む前に、リンク先の解説と訳文を読まれることをお奨めします。
 Lady Satin's English Project(http://ladysatin.exblog.jp/20801530

 なお、このブログに掲載した和訳は、若い男女の出会いから長い連れ添いの末の死別までを描いたものだろうと想像して訳してあり、一人称を女性と規定し、死んだ女が生きている男に語りかけているという体裁をとっています。ただし、これは恣意的なものなので解釈によっては一人称を男性と規定することもできますし、二人の仲を阻害しようとするものが死ではない他の物という解釈も成り立つだろうと思います。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/351-4e82d715
    この記事へのトラックバック


    最新記事