Words as Weapons

2016年05月05日

Words as Weapons : Birdy




I feel your knife as it goes right in
感じる。あなたのナイフが真っ直ぐに入って来る
Cut to my core but I'm not bleeding *1
私を芯まで切り裂いても、血は流れないわよ
All that you say trying to make me small
あなたが言う言葉はすべて私を小さくしようとする
Well the bigger you get the harder you fall *2
でもね。あなたが大きくなればなるほど、倒れた時の痛手もひどくなるのよ

※ You use your words as a weapon dear
あなたは言葉を武器として使う
But your blades don't hurt when you have no fear
でも、あなたの刃では傷つけられない。そこに恐れが込められていないから
You think that you're deep under my skin *3
あなたは私の心の奥深くに入り込んでると思ってるようだけど
You're trying to keep me suffering
あなたはただ私を悩み苦しませようとしているのよ
If you use your words as a weapon
あなたが言葉を武器として使うのだとしても
Then as a weapon, I'll shed no tears *4 ※
私は涙を武器にしたりなんかしない

You have my heart but I lock it up
あなたは私の心をつかんでいるけれど、私はそれに鍵を掛けている
This burning flame has been burnt enough
この炎は、もう燃え尽きたの
My window's cracked they can be replaced *5
私の窓は、割れてしまってもまた新しく取り替えればいい
But your arm will tire throwing stones my way *6
でも、あなたの腕はいずれ私の前途に石を投げることに飽きるでしょう

※~※

I feel your knife as it goes right in
感じる。あなたのナイフが真っ直ぐに入って来る

※~※

I'll shed no tears
私は涙を流したりしない


備考
  1. core : 芯、中心部、中核部。核心。炉心。核
  2. The bigger they are,the harder they fall. : [諺] 偉ければ偉いほど失墜も激しい。大きければ大きいほど倒れるとひどいことになる。大人物や人並み優れた人ほどその地位や力を失った時の困難が大きい
  3. get under a person's skin : 怒らせる、いらいらさせる、感動でぞくぞくさせる
    (have) got a person under one's skin : "a person" に夢中である、"a person" の虜になっている
    under the skin : 一皮むけば、内心では、ひそかに
  4. ※ "I will not shed tears as a weapon. 武器としての涙は流さない" だろうと思うが、誤訳しているかもしれない。
  5. window : 窓、窓ガラス、窓口、心の窓=目
  6. tire of ~ing : ~するのに飽きる、うんざりする、いやになる
    ※この歌詞の表現は文法的に間違っているような気がするが、よく分からない。訳も間違っているかもしれない。


 2013年のアルバム "Fire Within" より。ほとんどがカバー曲だったデビューアルバムと異なり、このアルバムは Birdy も作詞・作曲に関わったオリジナル曲ばかりが収録されています。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/366-f33500cf
    この記事へのトラックバック


    最新記事