Future People

2016年05月14日

Future People : Alabama Shakes




Some want to see those who've gone above *1
会いたい人は誰? 天に召された人?
Friends that they've lost, people they've loved
失った友だち? かつて愛した人たち?
I'd rather meet the me on down the road *2
もしも願いがかなうのならば、私は未来の私に会いたい
To lead me through the fog
この霧の中を導いてもらうために
Wouldn't ask for more
それより多くは求めない

Children, take or leave it *3
子供たちよ。選択肢は限られている。後はあなたが決めるだけ
Come on people, you got to give a little, get a little *4
与えるのはほんの少しでいい。手に入れるのもほんの少しでいい
And see it like future you people
そして、未来のあなたの目で物事を見なさい

Some things could be seen from above
天高くからこそ見えるものもある
Threads of design don't trip me up *5
幾筋もの糸からなる見取り図があれば私は躓かない

Children, take or leave it
子供たちよ。選択肢は限られている。後はあなたが決めるだけ
Come people, you've got to give a little, get a little
与えるのはほんの少しでいい。手に入れるのもほんの少しでいい
And see it like future you people
そして、未来のあなたの目で物事を見なさい

Listen to teacher *6
教師の言葉に耳を傾けなさい
Imagine the sound
その響きを心に思い描きなさい
And listen loud
しっかりと聞きなさい
And then you'll reach the top
そうすれば、あなたは頂上に辿り着けるだろう


備考
  1. ※直訳すると「死んだ人間に会いたいという人もいる。失った友達に会いたいという人もいる。かつて愛した人に会いたいという人もいる」となる。少し冗長なので上のように意訳したが、意味合いが作詞者の意図からずれてしまったかもしれない。
    above : 上に、高い所に、頭上に、階上に、天に、上位に
  2. would rather : (~よりも)むしろ~したい(するほうがよい)、~であればいいのだが
    the : おそらく「限定」を表す定冠詞だろうと思う。
    down the road = in the future : 将来
  3. Take it or leave it. : これを受けるか、嫌なら諦めるかだ。受け取るかどうか決めろ。条件は出した、後はお前次第だ。これでいやならやめておけ。
  4. got to = have got to = have to : ~しなければならない
  5. thread : 糸、ガラス・金属の細線。筋道、脈絡。細い糸状のもの
    design : 略図、見取り図、設計図。意匠、図案、デザイン、模様。計画、企画。意向、意図、目的
    ※ "threads of design" は普通は「図案化された織物、布地」「糸によるデザイン」等をイメージさせる言葉だろうと思うが、この歌詞の文脈ではその比喩の使い方がよく分からない。ここでは、一応「物事を多面的に捉え高所から俯瞰すればより正しい認識が得られる」という意味合いで訳したが、大きく誤訳しているかもしれない。
    trip up : 躓かせる、転ばせる、足をすくう、揚げ足を取る、失敗させる、妨害する
  6. ※この "teacher" が何を意味しているのかはよく分からない。文字通りの「学校の教師、先生」なのか、あるいは何かの比喩なのだろうか?


 アラバマ・シェイクスは2009年に米アラバマ州で結成されたロックバンドです。この歌は彼らの2015年のアルバム "Sound & Color" に収録されています。
 歌詞は抽象的なので、私の英語力では作詞者の本意がよく理解できません。とくに、子供たちと教師を登場させている意図がよく分かりません。ただ、個人的には、目前の物事だけに囚われないで、未来へと伸びる長い時間の感覚を持つこと、また、世界的あるいは宇宙的な規模で鳥瞰できる広い視野を持つことの大切さを言っているように感じました。想像で訳している部分もあるので、全体的な趣旨が間違っている可能性もあります。翻訳は参考程度にお読み下さい。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/368-1aca064f
    この記事へのトラックバック


    最新記事