Come Walk With Me

2016年05月23日

Come Walk With Me : M.I.A.




※ There's a thousand ways to meet you now
あなたに会うのには幾千もの方法がある
There's a thousand ways to track you down *1
あなたを追いかけるには幾千もの方法がある
Whatever you said and done
あなたが過去に何を話し、何をしたとしても
There's a thousand ways to make it count *2
今を価値あるものにするには幾千もの方法がある
There is nothing that can touch me now
何者も私に触れることはできない
You can't even break me down *3
ましてやあなたが私を壊すことなどできない
Everytime you think of some
例外はない。あなたが何を考えたとしても
It's already been did it and done *4
それはすでに誰かによって考えられたこと

Can I be your best friend?
私はあなたの一番の友達になれるだろうか
Can I make it to the end? *5
私は最後までやり抜くことができるだろうか
Can you give me some of what you went and gave them? *6
あなたが彼らに与えたもののいくらかでもあなたは私に与えてくれるだろうか
Come walk with me
私と一緒に歩きなさい
You ain't gotta shake it, just be with me *7
腰を振って踊らなくてもいい。ただ、私と共にいればいい
You ain't gotta throw your hands in the air
手をひらひらと振って踊らなくてもいい
'Cause tonight we ain't acting like we don't care ※
今夜私たちは馬鹿のふりをする必要はないのだから

It's cool, it takes two, so I'm gonna still fux with you *8
私たちはもう大丈夫。悪いのはあなただけじゃない
It's cool, it takes two, so I'm gonna still fux with you
だからこれからも私はあなたと付き合っていく

(Almost There) *9
(あともう少しだ)

※~※

Trying to feel like what that feels like
どんな感じなのか私も感じてみたいと思う
When someone makes you feel alright
誰かが自分をいい気分にさせてくれる、その感じを
We can take the same path tonight
私たちは今夜同じ道を行ける
For the ride I got plenty of time
そのために私はいくらだって時間を取れる

What doesn't kill us makes us stronger *10
死にさえしなければどんな辛い事も私たちを強くしてくれる
That's how my roads getting longer and longer
そんな風に私の道はこれからもずっと続いていくだろう
My tracks are less traveled here to Uganda
私の足跡はあまり人が辿らない。ウガンダへと続く道のように
Can we touch base just to discuss agenda *11
連絡を取り合いましょう。問題について話し合うために

Can I be your best friend?
私はあなたの一番の友達になれるだろうか
Can I make it to the end?
私は最後までやり抜くことができるだろうか
Can you give me some of what you went and gave them?
あなたが彼らに与えたもののいくらかでもあなたは私に与えてくれるだろうか
Come walk with me
私と一緒に歩きなさい
You ain't gotta shake it just be with me
腰を振って踊らなくてもいい。ただ、私と共にいればいい
You ain't gotta throw your hands in the air
手をひらひらと振って踊らなくてもいい
'Cause tonight we ain't acting like we don't care
今夜私たちは馬鹿のふりをする必要はないのだから

It's cool, it takes two, so I'm gonna still fux with you
私たちはもう大丈夫。悪いのはあなただけじゃない
It's cool, it takes two, so I'm gonna still fux with you
だからこれからも私はあなたと付き合っていく

Back, ba-back, ba-back. Ba-back, ba-back, ba-back
Back, ba-back, ba-back. Ba-back, ba-back, ba-back

Power, power, power, power. Back, ba-back, ba-back
Power, power, power, power. Back, ba-back, ba-back
Power, power

M.I.A. comin' back
M.I.A. は戻って来た
With POWER, POWER
力を得て


備考
  1. track down : 見つけ出す、追い詰める、追跡して捕らえる、突き止める、探し出す
  2. count : {自動詞} 数える、順に数え上げる。~に値する。価値がある、大切である
    make it count : 今を大切にする、毎日を一生懸命生きる、今を価値あるものにする、大切に一日を生きる
  3. break down : 壊す、押しつぶす、解体する、破壊する
  4. ※この一行は文法構造が分からない。この訳文は "It has already been done." を訳したものである( "It" は前行の "some" を指していると解釈した)。原文とは若干ニュアンスが異なるかもしれない。
  5. make it to the end : 最後までやり抜く、最終地点に到達する(たどり着く)、
  6. go and (do) : ~しに行く、~する(強調)、愚かにも(不運にも・意外なことに)~してしまう、わざわざ~する
  7. ain't gotta = have not got to = don't have to : ~する必要はない、~しなくてもよい
    ※ここからの3行は「細かいことは気にしないで、悩み事なんて忘れて、さあ踊ろう」というようなポップ音楽に対し、頭を使って考えるべき事が沢山あるはずだと批判する歌詞なのだろうと思う。
  8. cool : ここでは多分「OK、はい、大丈夫」等の意味ではないだろうか。また "We are cool." だと「私たちはもう仲直りしている、大丈夫」という意味もあるらしい。
    it takes two (to tango) : タンゴを踊るには二人必要→何らかの悪い状況において、両者ともに責任がある、悪いのは一人だけじゃない、等の意味で使われる
    fux with = fuck with : 人にちょっかいを出す、人を怒らせる、邪魔をする、関わる
  9. almost there : 目的地にもう少しで到着する、成功・完成・目標まであと一歩だ、もうすぐだ、ほとんどすぐそこだ、もう一息だ
  10. ※この一行は英語でよく使われる言い回しらしいが、原典はニーチェの『偶像の黄昏』である。本来の意味は「死ぬことさえなければ、それが苛酷なものであれ、どんな経験も人を強くするものだ」ということらしい。
  11. touch base : 連絡を取る、意見を聞くために話す、ちょっとした話し合いをする
    agenda : 議事日程、議題、協議事項、予定案
    Agenda 21 : 1992年の国連地球サミットで採択された、21世紀に向け持続可能な開発を実現するために各国、国際機関が実行すべき行動計画。


 2013年のアルバム "Matangi" より。彼女の書く歌詞はいつも分かりにくい感じがします。この歌も同様で、大まかな趣旨としてはおそらく、限りある時間しかない私たちは貴重な今を精一杯悔いのないように生きるべきだというような感じではないかと思うのですが、あまり確信を持てません。また、冒頭の公式動画ではヒンズーの神々、とくにヴィシュヌ神(四本の腕に円盤、棍棒、法螺貝、蓮華を持つ)とその化身であるクリシュナ神(横笛を持つ)が主に描かれていますが、それとこの歌詞がどのように関係しているのかもよく分かりません。ヒンズーの三大神、宇宙を創造するブラフマー、宇宙を維持するヴィシュヌ、宇宙を破壊するシヴァのうち、ヴィシュヌを動画の主役とした事には何か意味があるのかもしれませんが、私の知識では理解が及びません。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/369-77dfc3d6
    この記事へのトラックバック


    最新記事