Óró sé do bheatha 'bhaile

2016年05月31日

Óró sé do bheatha 'bhaile : Sinéad O'Connor




※ Óró, sé do bheatha bhaile(Oh-ro, welcome home)
お帰りなさい
óró, sé do bheatha bhaile(Oh-ro, welcome home)
お帰りなさい
óró, sé do bheatha bhaile(Oh-ro, welcome home)
お帰りなさい
anois ar theacht an tsamhraidh.(Now that summer's coming!) ※
もうすぐ夏が来る

'Sé do bheatha, a bhean ba léanmhar(Hail, oh woman, who was so afflicted,) *1
苦しめられた彼女を声を上げて歓迎しよう
do bé ár gcreach tú bheith i ngéibhinn(It was our ruin that you were in chains,) *2
あなたが囚われたことは我らの破滅に等しかった
do dhúiche bhreá i seilbh meirleach(Our fine land in the possession of thieves...) *3
我らの美しい土地が盗人のものになった
's tú díolta leis na Gallaibh.(While you were sold to the foreigners!) *4
あなたが異国の者たちに従わされている間に

※~※

Tá Gráinne Mhaol ag teacht thar sáile(Gráinne Mhaol is coming over the sea,) *5
グラニュウェルが海を越えて戻って来る
óglaigh armtha léi mar gharda,(Armed warriors as her guard,)
彼女を護衛する武装兵は
Gaeil iad féin is ní Francaigh ná Spáinnigh(They are Gaels, not French nor Spanish...) *6
皆ゲール人だ。フランス人でもスペイン人でもない
's cuirfidh siad ruaig ar Ghallaibh.(and they will rout the foreigners!) *7
彼らが異国の者たちを完全に打ち負かすだろう

※~※

A bhuí le Rí na bhFeart go bhfeiceam(May it please the King of Miracles that we might see,) *8
どうか、神よ。我らに見せて下さい
muna mbeam beo ina dhiaidh ach seachtain(Although we may live but one week after,) *9
たとえ我らの命があと一週間しかないとしても
Gráinne Mhaol agus míle gaiscíoch(Gráinne Mhaol and a thousand warriors...)
グラニュウェルと千人の兵士たちが
ag fógairt fáin ar Ghallaibh.(Dispersing the foreigners!) *10
異国の者たちを雲散霧消させる様を

※~※

◎歌詞は Wikipedia より引用。原文はゲール語で右の括弧内はその英訳。和訳は括弧内の英文を翻訳した。

備考
  1. hail : 挨拶する、歓迎する、熱烈に是認する。喝采を送る。
    Hail to the king! : 国王万歳
    afflict : ひどく苦しめる、悩ます、さいなむ
  2. ruin : 遺跡、廃墟。崩壊・荒廃した物、状態。崩壊、没落、滅亡、衰亡、破滅。
    a person's ruin : 破壊・滅亡・没落・破滅させるもの(その原因)
    Alcohol was his ruin. : 彼は酒で身を滅ぼした
  3. be in the possession of ~ : (物が)~に所有されている
    be in possession of ~ : (人が)~を所有している
    thief : 泥棒、盗人
  4. sell : 売り込む、宣伝する。納得させる、受け入れさせる
    ※ここでの "were sold" は「売られた」では文脈が通じないと思い、"sell" を上のような意味だと判断して訳したが間違っているかもしれない。
  5. Gráinne Mhaol : Grace O'Malley(グレイス・オマリー, 1530-1603)の通り名。ゲール語の発音を英語表記すると "Granuaile"。元はアイルランドの一部族の族長の娘だったが、長じて海賊の首領になり「海賊女王」の異名を馳せるほど恐れられた。敵対するイギリスの女王エリザベス1世と一対一で交渉したことでも有名。
  6. Gael : ゲール人。中央アジアからヨーロッパへ渡来したケルト系民族。アイルランドやスコットランドに現存する。
  7. rout : 敗走させる、完全に打ち負かす、完敗させる、圧勝する、大勝する
  8. May it please you. : 御意にかないますように
    May it please your Majesty. : 御意にかないますように、恐れながら陛下に申し上げます
    the King of Miracles = Rí na bhFeart : ゲール語で "神" を表す言葉らしい。
  9. but : [副] ただ、ほんの、たった、つい。ただ~するだけ、少なくとも~、ともかく~
  10. disperse : 四方に散らす、散り散りにする。雲・霧を消散させる。


 2002年のアルバム "Sean-Nós Nua" より。アイルランドの伝承歌であるこの曲はその起源ははっきりとしていません。"Óró, sé do bheatha bhaile" のコーラス部分は、元々は花婿が花嫁を自分の家に迎え入れる "hauling home" という儀式で歌われていたという説があります。その後この曲にはさまざまな歌詞が付与されて歌われてきたようです。
 掲載した歌詞は、アイルランドの民族主義者でイースター蜂起の指導者の一人であるパトリック・ピアスが20世紀になって書いた比較的新しいものです。この歌詞の元になるものとして、イギリス名誉革命の反革命勢力であるジャコバイトを題材にしたバージョンの歌詞もあり、対イギリス抵抗歌として歌われていました。パトリック・ピアスは、その歌詞を一部使いながら、女海賊としてイギリス商船を恐れさせエリザベス女王と対等に渡り合ったグラニュウェルを主役にして、同じくイギリスに対する抵抗の歌にしています。『麦の穂をゆらす風』という映画でも印象的に使われていました。

   

 <関連記事>
  ☆ The Wind That Shakes the Barley : Dolores Keane



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/370-06c12abe
    この記事へのトラックバック


    最新記事