The Bottomless Hole

2016年07月22日

The Bottomless Hole : The Handsome Family




My name I don't remember, though I hail from Ohio *1
自分の名は忘れたが、オハイオの出身なのは覚えてる
I had a wife and children, good tires on my car
妻と子供がいた。車には良いタイヤを履かせてた
What took me from my home and put me in the earth
そんな俺を家から連れ出しこんな地中に引きずり込んだのは
Was the mouth of a deep, dark hole I found behind my barn *2
口を開けた深い真っ暗な穴だった。俺はそれを納屋の裏で見つけた

We'd been filling it with garbage as long as you could count *3
俺たちは思いつく限りのいろいろながらくたでそれを埋めようとした
Kitchen scraps and dead cows, tractors broken down
台所の生ごみ、死んだ雌牛、壊れたトラクター
But never did I hear one thing hit the ground
だが、一度としてそれが地面を打つ音を聞くことはなかった
And slowly I came to fear that this was a bottomless hole
俺は少しずつ怖くなっていった。この穴には底が無いのではないかと

I went out behind the barn and stared down in that hole
ある日納屋の裏へ行き、穴の中を覗き込んだ
Late into the evening my mind would not let go *4
夜も遅い時間。俺は疑問を放置することができなくなった
So I got out my ropes and a rusty claw-foot tub
そして、ロープを持ち出し、鉤爪足の付いた浴槽を運んで来た
And I rigged myself a chariot to ride down in that hole *5
急ごしらえで一人乗りの昇降機を作った。穴の中へ降りるためだ

My wife, she did help me, she fed me down the ropes
妻は私を手助けしてくれた。食料をロープで降ろしてくれた
And then I sank away from the surface of this world
そうやって俺はこの世界の表面から離れ、沈んで行ったんだ
With the last rope pulled tight, I had not reached the end
最後のロープがぴんと張っても、俺は終わりまで到達しなかった
And in anger I swung there, down in that dark abyss *6
俺は怒りを覚えながら揺れていた。暗闇の奈落の中で

So I got out my knife, I told my wife goodbye
それから俺はナイフを取り出し、妻に別れを告げた
I cut loose from the ropes and fell on down that hole
自らをロープから切り離し、穴の中を落ちて行った
And still I am there falling down in this evil pit *7
そして、俺は今でも落ち続けている。この邪悪な穴の中を
But until I hit the bottom, I won't believe it's bottomless
この身が地面を打つまでは、俺は決してこれが底無しだとは信じない


備考
  1. hail : 挨拶する、歓迎する、熱烈に是認する。喝采を送る。タクシーを呼ぶ、人を呼び止める
    hail from : (おどけて)~出身である、(船が)~から来る、~を母港とする
  2. deep : 深み、深い穴。空間・時間等の非情な広がり。
    barn : 納屋、家畜小屋
  3. garbage : 台所から出るくず、生ごみ。価値のないもの、がらくた、くだらないもの
    ※ "as long as you could count" の "you" は「一般に誰でも」という意味だろう。また、"long" は「長さ」よりは「項目の多さ、数量的な多さ」、"count" は「数える」よりは「みなす、考える」という意味合いが強いのではないかと判断し訳している。
  4. let go : 手放す、解放する、解雇する、捨てる、諦める、放置する、自分を解き放つ
  5. rig : (市場・市価・選挙等を)不正に操作する。急いで作る、間に合わせに集める。(飛行機・車・部屋等を)整える、装備する
    chariot : (古代の)戦闘用一人乗り二輪馬車。(18世紀の)装飾馬車。荷馬車
  6. abyss : 深海、深淵。深い地割れ、深い穴。比喩的に、底知れず深いもの、計り知れないもの、無限なもの。天地創造以前の混沌。地の底、地獄、奈落。
  7. evil : 邪悪な、不道徳な。有害な。不吉な、縁起の悪い。
    pit : (地面の)穴、窪み。落とし穴、わな。立て坑。(動物を入れる)囲い、闘犬場。地獄、墓穴、ひどい場所。


 2003年のアルバム "Singing Bones" に収録。
 この歌詞の元ネタはアメリカの都市伝説的な "メルの穴 Mel's Hole" という話だそうです。都市伝説的と言ってもその始まりははっきりしており、超常現象や陰謀論などを扱うラジオのトークショー "Coast to Coast AM" に送られてきたファックスが事の発端でした。番組は1997年から2002年にかけて幾度か "Mel Waters" と名乗るその男に電話インタビューを重ねその模様を放送しました。それによると、ワシントン州のエレンズバーグ市近くにある自分の所有地で見つけた直径9フィートほどのその穴は、底無しに深く見え、どんな物を落としてもそれが地に着く音が聞こえなかったそうです。また、彼がその穴を見つける数十年前から近所の住人はその穴を知っており、便利なごみ捨て場として使っていました。そしていくら物を捨てても穴が埋まることはなかったと言います。メル・ウォーターズの話はオカルトじみていて、穴の深さを測ろうとして長さ24kmの釣り糸を垂らしても地に着かなかったこと、犬がその穴に近づくことを嫌がること、死んだ犬を穴に投げ入れたら後に生きて帰ってきたことなどを語ります。
 ただ、彼は穴の所在地を最後まで明かすことはなく、後に彼の名も偽名であることが分かっています。アメリカとカナダで広く放送されているラジオ番組で幾度も紹介されたこともあってこの穴を実際に探す人も多かったと言いますが、結局この穴は今に至るまで見つかっていません。そのため、今ではこの話は彼の虚言であるというのが一般の人々の認識なのでしょう。"Mel's Hole" で検索するともっと詳細な様々の怪しい情報がヒットするので、興味のある方は調べてみて下さい。
 この歌詞からは、幸福だが単調な日常から脱け出したいというような厭世観や現実を超えた別の世界に憧れる心情などを感じ、ふとブルース・スプリングスティーンの「ハングリー・ハート」という歌を思い出しました。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/377-cd625ddb
    この記事へのトラックバック


    最新記事