Foreigner's God

2016年10月06日

Foreigner's God : Hozier




She moved with shameless wonder *1
彼女は感嘆に価するほどの恥知らずなふるまいをした
The perfect creature rarely seen *2
こんな完璧な被造物はごく稀にしか見られない
Since some liar brought the thunder *3
とある嘘つきが雷のような怒号をもたらして以来
When the land was godless and free *4
この地は神のいない自由な地となった

Her eyes look sharp and steady *5
彼女の鋭く確固とした視線が
Into the empty parts of me
私の中の虚ろな部分に注がれる
But still my heart is heavy *6
だが、私の心は今もなお重苦しく陰鬱だ
With the hate of some other man's beliefs *7
ある者たちの信仰がはらむ憎悪のために

Always a well dressed fraud *8
いつだって詐欺師は良い身なりをしている
Who wouldn't spare the rod *9
そして、常に鞭を惜しむことがない
Never for me
私に対しては

Screaming the name of a foreigner's God *10
異国の神の名を叫ぶその声は
The purest expression of grief *11
悲痛な心の純粋な表れ

Wondering who I'll copy *12
私は、誰に倣おうか惑いながら
Mustering some tender charm *13
わずかばかりの優しい魅力をかき集める
She feels no control of her body
彼女は自分の体を抑えられないと感じている
She feels no safety in my arms
彼女は私の腕の中では安らげないと感じている

I've no language left to say it *14
私には、それについて言うべき言葉はもうない
But all I do is quake to her *15
だが、私の行為はすべて彼女をおののかせる
Breaking if I try convey it *16
私がそれを伝えようとすれば壊れてしまいそうだ
The broken love I make to her *17
私は彼女に壊れた愛をもたらす

All that I've been taught
私が教えられてきたものはすべて
And every word I've got
私の持つ言葉はどれも
Is foreign to me *18
異国のもののように馴染めない

Screaming the name of a foreigner's God
異国の神の名を叫ぶその声は
The purest expression of grief
悲痛な心の純粋な表れ


備考
  1. shameless : 恥知らずな、慎みのない、厚かましい、破廉恥な
    wonder : 不思議な(驚くべき)物・事・人、驚嘆・感嘆を引き起こすもの、奇跡。驚き、感嘆の念。
  2. creature : (人間以外の)動物、生物、人間、創造された物、神の創造物、不快な(恐ろしい)生き物
    ※ "creature" は意味の幅が広く使用者によって異なった意味を持たせられる。
  3. liar : 常習的な嘘つき
    thunder : 雷、雷鳴、落雷。雷のような(鳴り響く)音・声。威嚇、激しい非難、弾劾、怒号、熱弁。
  4. when : 非制限用法の関係副詞。そしてそれから、~するとその時、~したとたんに。"and" の意味が多いが、"but" や "for" などの意味でも用いられる。
  5. sharp : 鋭い、よく切れる、とがった。(勾配やカーブが)急な、険しい。(鼻・顔立ち・像などが)線の鋭い・輪郭のはっきりした。(感情・言葉等が)厳しい・烈しい。頭が切れる、すきのない
    steady : 固定された、安定した、ぐらつかない。むらのない、規則的な、不変の、絶え間ない、いつもの。(精神が)動揺しない、落ち着いた、確固とした、びくともしない
  6. heavy : 元気のない、沈んだ、悲しげな、陰鬱な。耐え難い、辛い、苛酷な。
  7. hate : 激しい嫌悪、憎しみ、憎悪
  8. well-dressed : 立派な服を着た、身なりの良い、身なりのきちんとした
    fraud : 詐欺、欺瞞、ぺてん、裏切り。まやかし物、詐欺師、ぺてん師。詐欺行為、不正手段。仮装。不正直、ずるさ、不実
  9. spare : ~を無しで済ます、予備としてとっておく。使い惜しみする、倹約する、控える。
    rod : 棒、棹。鞭。
    Spare the rod and spoil the child. : [諺] 鞭を惜しめば子供が駄目になる。可愛い子には旅をさせよ。元は旧約聖書『箴言』13章24節「むちを控える者はその子を憎む者である。子を愛する者はつとめてこれを懲らしめる」
  10. foreigner : よそ者、外国人。異質なもの、見慣れないもの、なじめないものという意味合いがある。
  11. pure : 不純物のない、純粋な。混ぜ物のない、単一の、同質の。傷のない、きれいな、清潔な、しみのない。潔白な、純真な、罪のない。肉体的に汚れのない、純潔な
    expression : 表現、表出、表示。発現、言葉、言い回し。表れ、表情、声の調子
    grief : 深い苦悩、深い悲しみ、嘆き、悲痛、悲嘆
  12. copy : (言葉等を)写す、書き写す。(絵・章句等を)複写・模写する。(人・長所等を)まねる
  13. muster : (勇気・精力等を)奮い起こす、(熱意・支持等を)寄せ集める。(軍隊・乗組員等を)集合させる、呼び集める、召集する
    charm : 魅力、魔力、(女性の)容色・色香・愛嬌。お守り、魔除け、呪文、まじない。
  14. language : 国語、個別言語。(一般に)言語、言葉。伝達記号体系、記号言語。(音声・文字によらない)言葉、身ぶり・鳴き声等による伝達手段。言葉づかい、言い方、文体
  15. quake : 地震。震え、おののき、震動、揺れ
  16. convey : 運ぶ、搬送・運送する。伝達する、伝える、告げる。譲渡する
  17. make love to ~ : ~と性交する。~といちゃつく、抱擁する、接吻する。~に言い寄る、~をくどく
  18. foreign : 外国の、他国の、外国から来た、外国産の。異質の、外から侵入した
    foreign to ~ : 無関係の、無縁の、合わない、なじまない、見慣れない、耳慣れない、なじみのない


 2014年のデビューアルバム "Hozier" より。
 詩的な隠喩に満ちた歌詞で意味の分からないところが多いため、自分なりの解釈を込めた意訳はしませんでした。そのため、ほぼ直訳の分かりにくい訳文になってしまいました。表面的には、自由な価値観を持つ「彼女」は「私」の恋人であり、「私」をとりまく排他的な文化や価値感が二人の関係を阻害しているという趣旨ではないかと想像しています。その価値観とは具体的に言えば性愛を人間の原罪とみなすキリスト教思想、とくにアイルランド人であるホウジァの場合はローマカトリック教会の思想を指しているのでしょう。
 そして、歌詞中の「彼女」は異教(pagan) の女神を隠喩するようにも思え、歌詞全体を、キリスト教文化圏に住みながら異教に憧れる主人公の嘆きや疎外感として解釈することもできそうです。その場合、彼女と関係を持つことは異教の思想に共鳴することを意味します。"foreign" に「合わない、無縁の、なじめない」という意味があることから、曲名の "Foreigner's God" はユダヤ・キリスト・イスラム共通の唯一神を指しているように見えますが、「異国の神の名を叫ぶその声は悲痛な心の純粋な表れ」という歌詞からは肯定すべき「異国の神=異教の神」と解釈した方がいいような気もします。
 *3 の「とある嘘つき」や「雷鳴」など分からない隠喩が散見するので細部の解釈がし切れませんが、キリスト教思想に対する違和感や嫌悪感がこの歌詞の主題だろうとは思います。


 <関連記事>
   ☆ Take Me To Church : Hozier



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/391-cdc4eb4e
    この記事へのトラックバック


    最新記事