Elation

2016年11月27日

Elation : The Levellers *1




Oh, there was once a man who had lost his own smile
昔ある所に笑顔をなくしてしまった男がいた
And he wandered the country mile after mile *2
男は国じゅうを果てしなく彷徨ったが
Never quite knowing what he wanted to find *3
自分が何を見つけたいのかよく分からないままだった
For his heart, it lay heavy with the weight of his mind *4
男の心に対して、その「何か」が精神の重荷として圧し掛かっていた

And he looked at the land through the tears in his eyes *5
男は目に浮かぶ涙を通してこの国を見つめた
For he knew that there were those who would will her to die *6
ここには、彼女を死なせようとしたがる者たちがいるのを知ったからだ
And he wept for his mother as he lay at her feet
母のために泣いた。彼女の足元に横たわりながら
And he heard a voice singing him softly to sleep
声が聞こえた。彼を眠らせようとやさしく歌っていた

※ I'll be your queen, I'll be your mother, I'll be your mystical child *7
あなたの女王になりましょう。母になりましょう。霊的な子供になりましょう
Be your best friend, your lover, your wife for all time
いちばんの親友になりましょう。恋人になりましょう。生涯の妻になりましょう
Will there ever be another, in this life of mine *8
いつか違う生き方ができるだろうか。この私の人生で
Will there ever be another, like my mystical child ※
いつか変われるだろうか。私の霊的な子供のように

So he climbed a high hill and he looked out to sea
だから、男は小高い丘に登り、海を見渡した
And he heard a voice calling out softly to him
すると、彼に呼びかけるやさしい声が聞こえた
Open your heart, boy, for it needs to be free
心を開きなさい。自由になることを望むのならば
And the next time you're crying come running to me
そして、次にまた泣くような事があったなら、私の元に戻って来なさい

※~※

So he walked through the valleys, the trees and the fields
だから、男は谷を歩いた。林を歩いた。田園を歩いた
And he came to a river where she waited for him
そして、ある川にたどり着くと、そこに彼女が待っていた
And they looked at the water of life flowing by
二人で水を見つめた。人生のように流れ行く水を
And he heard a voice saying, you're not alone in the fight
そして、男には声が聞こえた。この闘いの中であなたは決して一人じゃない

※~※

Will there ever be another, like my mystical child
いつか変われるだろうか。私の霊的な子供のように


備考
  1. elation : 上機嫌、意気揚々、高揚感、意気盛ん、大得意
  2. ~ after ~ : ~の次も~、毎~。"time after time 何度も何度も", "day after day 来る日も来る日も、毎日"
  3. quite : 完全に、すっかり、まったく。実に、並はずれて。かなり、相当に ※ "not quite" は「部分否定」
  4. heart : 心臓、胸、心、胸の内、本心、情愛、元気・勇気
    mind : 心、精神、理性、正常な心、知性、考え方
    lie-lay-lain : 横たわる、もたれる。埋葬されている。(水平に)置かれている。(~の状態に)ある・置かれている、~のままである。重くのしかかる。
    ※「圧し掛かる」の "lie" は、この一行のような文の場合、"It lay heavy on his heart with the weight of his mind" と前置詞に "on" を使って「彼の心に圧し掛かっていた」とするのが普通だろうと思う。この歌詞では "for his heart" となっているので、この一行の訳文は間違っているかもしれない。
  5. ※ "land" は「陸地、土地、土壌、地所、地域・地方、領域、国・国土」と幅広い意味を持つが、ここではおそらく主人公が住む地域全体ひいては国全体、あるいは人間の住む世界全体と想像できる。
  6. will : [動詞] 望む、欲する、意図する。~を意志の力で成し遂げる。意志で決める、決意する
    will A to do : Aに~すると決心させる。Aに意志の力で~させようとする。(何とかして)Aに~させようとする
  7. mystical : 秘儀の、神秘主義の、霊的象徴の、神秘的な、魔術の、秘法の。曖昧な、不可思議な、謎の。霊感の、神のお告げによる。超常的な、超自然的な
    ※ "mystical child" はおそらく自然や地球、人智を超えた存在としての自然環境などをいみするのだろうと思う。ただし、適切な訳語を思いつかなかったので直訳している。
  8. another : もう一つの。違った、異なった、別の。~にそっくりの、匹敵する。


 1997年のアルバム "Mouth to Mouth" より。
 備考 *6 に唐突に現れる "her" は、おそらく "mother nature" をイメージしているのだろうと思います。*8 の "Will there ever be another, in this life of mine" は直訳すると「未来のいつかには、他のもの、今とは違うものが存在するようになるのだろうか。この私の人生において」となるのでしょう。全体の文脈からすると、人間たちが自然環境を破壊することなく、もっと違うやり方で共存する道を見出せるだろうかという問いなのだと思います。そして、ここで "life of mine" と「私たち」ではなく「私」という一人称を選んでいる所に自分の意見を表明する際のこの作詞者の流儀や矜持、あるいは自立的な思想を感じます。
 曲名の "elation" が何を意図しているのかはよく分かりません。何となく万物の霊長としての自覚を持つ人間一般を皮肉っているように思いますが、作詞者が自己を指しているようにも思えて、確信が持てません。下の賛美歌で使われているような意味合いで、神による天地創造をイメージしているものなのかもしれません。


Morning Has Broken : Orla Fallon




Morning has broken, like the first morning
朝が訪れた。最初の朝と同じように
Blackbird has spoken, like the first bird
黒いツグミが美しく鳴いた。最初の鳥と同じように
Praise for the singing, praise for the morning
この歌を讃えよう。この朝を讃えよう
Praise for the springing fresh from the word
讃えよう。神の言葉から生まれたこの朝の時間を

Sweet the rain's new fall, sunlit from heaven
降ったばかりの雨の滴を天の光が喜ばせる
Like the first dewfall, on the first grass
最初の霧の滴が、最初の草の葉につくのと同じように
Praise for the sweetness of the wet garden
讃えよう。濡れた庭園の美しさを
Sprung in completeness where his feet pass
主が通られた所に完璧に生じたものたちを

Mine is the sunlight, mine is the morning
この日の光は私のもの。この朝は私のもの
Born of the one light, Eden saw play
すべては一つの光から生まれた。エデンの園に見られた主の行いのように
Praise with elation, praise every morning
喜びを持って讃えよう。すべての朝を
God's re-creation of the new day
主は、新たな朝を日々創造されている



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/404-60e94594
    この記事へのトラックバック


    最新記事