A Rock Star Bucks A Coffee Shop

2017年01月02日

A Rock Star Bucks A Coffee Shop : Neil Young + Promise Of The Real *1




If you don't like to rock Starbucks A coffee shop *2
もしスターバックスを喜ばせたくないんだったら
Well you better change your station 'cause that ain't all that we got *3
行きつけの店を変えろよ。コーヒー屋はスタバだけじゃないんだから
Yeah, I want a cup of coffee but I don't want a GMO *4
そうだ、俺はコーヒーは飲みたいが、遺伝子組み換え食品なんて欲しくない
I like to start my day off without helping Monsanto *5
一日を始める時に、モンサントの手助けなんてしたくない

Mon-san-to
モンサント
Let our farmers grow what they want to grow
農民たちに、育てたい物を育てさせろ

From the fields of Nebraska to the banks of the Ohio
ネブラスカの畑からオハイオの川岸まで
Farmers won't be free to grow what they wanna grow
農民たちは、育てたい物を育てる自由がなくなるだろう
If corporate control takes over the American farm *6
もし、企業支配がアメリカの農場をすべて覆い尽くすことになったなら
With fascist politicians and chemical giants walking arm in arm
そして、独裁主義の政治家たちが巨大化学企業と手を組んだなら

Mon-san-to
モンサント
Let our farmers grow what they want to grow
農民たちに、育てたい物を育てさせろ

When the people of Vermont wanted to label food with GMOs *7
バーモント州民は食品への "遺伝子組み換えの表示" を求めた
So that they could find out what was in what the farmer grows
農民たちの作った物の中に何が入っているかを知るためだ
Monsanto and Starbucks through the Grocery Manufacturers Alliance
モンサントとスターバックスは食料品製造業協会を介して
They sued the state of Vermont to overturn the people's will *8
バーモント州を訴え、人々の意志を覆そうとしている

Mon-san-to (and Starbucks)
モンサント(それにスターバックス)
Mothers want to know what they feed their children
母親たちは子供に与える食べ物の中身を知りたがっている

Mon-san-to
モンサント
Let our farmers grow what they want to grow
農民たちに、育てたい物を育てさせろ


備考
  1. buck : (馬が急に背を向けて)跳ね上がる。頑強に抵抗する、挑戦する。~を頭(角)で突く。~と戦う、~に反抗・抵抗する。銃を撃つ
    ※曲名は "ロックスター、コーヒーショップと戦う" くらいの意味だろう。
  2. rock : 揺り動かす、揺する、揺さぶる。動揺させる、感情を動かす、動転させる。興奮させる、感動させる。
    ※ここで "スターバックスを rock する" という意味はよく分からないので文脈から想像で訳している。間違っているかもしれない。
    Starbucks : 2014年に米国で初めて遺伝子組み換え作物の食品への表記義務の法律を制定したバーモント州に対しその差し止め訴訟をモンサント社らが起こしたが、その原告にスターバックスが加わっていたとニール・ヤングが自身のサイトで書いている。ただし、スターバックスはその訴訟には関わっていないしモンサントを支援する活動も行っていないと表明している。事実は、食料品製造業協会やスナック食品協会、国際乳製品協会、米国製造業者協会がバーモント州の当該法に対する違憲訴訟を起こしており、スターバックスは食料品製造業協会の会員であるため、ニール・ヤングの主張は間接的には正しかったと言えるのだろう。また、関連業界はこれらの州法を実質的に無効化する連邦法の成立も図っており「安全で正確な食品表示法」が下院を通過後上院で実質的に廃案となるなどの紆余曲折があったものの、その後2016年には全国GM義務表示法が成立し、バーモント州などの州法は機能しない状態となっている。
  3. station : 場所、持ち場、待機所、駐在所。鉄道の待機所は railroad station, 消防士の待機所は fire station, 看護師の詰め所は nurses' station
  4. genetically modified organism : 遺伝子組み換え生物
  5. start the day off with : ~で(と共に・を飲んで・を読んで)一日を始める
    Monsanto : 米ミズーリ州に本社のある多国籍バイオ化学メーカー。遺伝子組み換え作物の種子の世界シェアは90%と寡占状態にある。 ベトナム戦争時の枯葉剤の製造、牛成長ホルモンの安全性問題などで数多くの訴訟事件を起こしているが、政治家や官僚とのつながりが昔から疑われており、世界中の農業に強い影響力を持つ。日本では除草剤ラウンドアップの開発元として有名だが、これも発がん性が疑われておりデンマーク、ロシア、スリランカ、オランダ、ブラジルでは販売禁止している。またニューヨークで1996年にラウンドアップの安全性に関する広告に虚偽があるとの判決が出されている。
  6. take over : 奪う、奪取する。引き継ぐ、引き受ける。買収する、乗っ取る。私物化・着服する。併合する、占拠する、接収する。
  7. label : ラベルを貼る、付箋を付ける。レッテルを貼って分類・明示する
  8. sue : 訴訟を起こす、訴える
    overturn : ひっくり返す、転覆・横転させる。打倒する、制服する、覆す、打ち負かす


 巨大農業企業である "モンサント" を批判するコンセプトアルバム "The Monsanto Years"(2015年)より。
 遺伝子組み換え生物の危険性については、今の私の知識では確かな判断が出来ませんので研究や商用化の是非についてはここでは書かないでおきます。ただ、遺伝子組み換え作物を使った食品そのものではなく、それに付随する農薬使用の問題、モンサントが世界中の農業を支配しようとしている問題、モンサントのような企業が米政府と癒着している問題については、かなり "危険" だと思います。
 下に紹介する動画は、2008年にフランスのテレビ局が制作しNHKが翻訳して放送したものです。フランスはモンサントを敵視しているため、内容や構成がモンサントを悪者にしようという意図が露骨に表れたものとなっています。その分を多少割り引いて見た方がいいかもしれません。

 巨大企業モンサントの世界戦略
 
 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/411-a34842df
    この記事へのトラックバック


    最新記事