Wake Me Up : Avicii feat. Aloe Blacc

2017年02月15日




Feeling my way through the darkness
明かりのない道を進むようだ
Guided by a beating heart
導かれるのは心臓の鼓動
I can't tell where the journey will end
旅が終わる場所は言えないが
But I know where to start
始まりの場所は分かってる

They tell me I'm too young to understand
若すぎて分かっちゃいないと言われる
They say I'm caught up in a dream
俺は夢に捕らわれてるんだそうだ
Well life will pass me by if I don't open up my eyes *1
目を開けなければ人生は俺を素通りするだろう
Well that's fine by me *2
それで結構じゃないか

So wake me up when it's all over
だから、すべてが終わったら俺を目覚めさせてくれ
When I'm wiser and I'm older
俺がもっと賢く、もっと老成した頃に
All this time I was finding myself *3
これまでずっと俺は自分自身を見つけようとしてきた
And I didn't know I was lost
そして自分が道を見失っていることに気づかなかった

I tried carrying the weight of the world *4
世界の重さを支えようとしたが
But I only have two hands
この両手しかない
Hope I get the chance to travel the world
世界を旅する機会が欲しいが
But I don't have any plans
何の計画もない

Wish that I could stay forever this young
この若さを永遠に保てたらいいのに
Not afraid to close my eyes
目を閉じることは怖くない
Life's a game made for everyone
人生は万人のために作られたゲームだ
And love is the prize
その勝者には愛が与えられる

So wake me up when it's all over
だから、すべてが終わったら俺を目覚めさせてくれ
When I'm wiser and I'm older
俺がもっと賢く、もっと老成した頃に
All this time I was finding myself
これまでずっと俺は自分自身を見つけようとしてきた
And I didn't know I was lost
そして自分が道を見失っていることに気づかなかった

I didn't know I was lost
自分が迷ってしまっていることを分かってなかった
I didn't know
分かってなかった


備考
  1. pass … by : 機会を逃す、見逃す、見落とす、無視する、見て見ぬ振りをする
  2. fine by me : fine with me(私はいいですよ。結構です)の口語表現。肯定、否定の両義に使われる。
  3. all this time : 今まで、この(ある一定)期間中ずっと
  4. carry : 運ぶ、保持する、支える


 2013年のアルバム True より。アヴィーチーは1989年、スウェーデン生まれのDJ、音楽プロデューサー、アロー・ブラックは1979年、米カリフォルニア生まれのソウル歌手です。Wikipedia によると、曲、歌詞ともに複数の人物の共作と言えるようですが、最終的な歌詞を完成させたのはアロー・ブラックのようです。
 歌詞の内容は、英語の読解力不足のせいか私には理解が難しいです。実社会から乖離した夢見がちな思いを肯定する自分と否定する自分が共存しているといったところでしょうか。動画の田舎は実社会を都市は夢の世界を示し、姉妹はまわりの実社会から疎外あるいは差別される異邦人や少数派を象徴しているように見えます。確かに田舎は異質な者を疎外し、都市はそれを飲み込みます。最後に二人は夢の世界から戻らず、姉妹を見つめるおさげ髪の少女は彼らに憧れつつも実社会から逃避することができません。いろいろと考えさせられる動画です。

※これは、2013年10月28日に掲載した記事の再掲です。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/419-e3fa3d29
    この記事へのトラックバック


    最新記事