気に入った洋楽の歌詞を和訳しています。

Born To Run : Bruce Springsteen



In the day we sweat it out in the streets of a runaway American dream *1
昼間俺たちは、アメリカンドリームが逃げた通りで働き、待ち侘びている
At night we ride through the mansions of glory in suicide machines *2
待望の夜、自殺機械に乗って栄光の高級住宅街を走り抜ける
Sprung from cages out on highway 9, *3
檻から解き放たれて9号線へ
Chrome wheeled, fuel injected and steppin' out over the line *4
クロムのホイールをはき燃料を詰めて、さあ出撃だ
Baby, this town rips the bones from your back
この町は俺たちを骨抜きにする
It's a death trap, it's a suicide rap *5
死の罠だ。自殺の呼び声だ
We gotta get out while we're young
若いうちに脱け出さなきゃならない
'cause tramps like us, baby, we were born to run *6
なぜって、俺たちのような放浪者は、走るために生まれてきたんだから

Wendy, let me in, I wanna be your friend
ウェンディ、中へ入れてくれ。友達になりたいんだ
I want to guard your dreams and visions
君の夢と希望を守りたいんだ
Just wrap your legs 'round these velvet rims *7
その両脚でこのベルベットのリムを包んでくれ
And strap your hands across my engines *8
その両腕で俺のエンジンを縛ってくれ
Together we could break this trap
二人で一緒にこの罠を破ろう
We'll run till we drop, baby we'll never go back *9
力尽き倒れるまで走ろう。後ろは振り返らない
Will you walk with me out on the wire? *10
一緒に出て行ってくれるかい? 綱渡りのようなこの危ない道を通って
`cause baby I'm just a scared and lonely rider
なぜって、俺は臆病で孤独なライダーだからさ
But I gotta find out how it feels *11
それでも俺はそれがどんな感じか見つけなくちゃならないんだ
I want to know if love is wild, girl, I wanna know if love is real
俺は知りたい。愛は野生の放縦なのか、それとも本質的な存在なのか

Beyond the palace hemi-powered drones scream down the boulevard *12
豪邸たちの上にエンジン音を轟かせ並木道を流す
The girls comb their hair in rearview mirrors
バックミラーには髪をすく女たち
And the boys try to look so hard
男たちは精一杯格好つけている
The amusement park rises bold and stark *13
遊園地が偉そうに、だがひっそりと立っている
Kids are huddled on the beach in a mist *14
靄の向こうの海辺では子どもたちが群れている
I wanna die with you, Wendy, on the streets tonight
ウェンディ、君と一緒に死にたい。この通りで、今夜
In an everlasting kiss
永遠のくちづけをしながら

The highway's jammed with broken heroes on a last chance power drive
大通りは壊れたヒーローたちでひしめき合っている。最後の走る機会とでもいうように
Everybody's out on the run tonight but there's no place left to hide
みんな走りに出てくるが隠れる場所はどこにもない
Together Wendy, we'll live with the sadness
ウェンディ。俺と一緒に、悲しみと共に生きよう
I'll love you with all the madness in my soul
俺は君を心から愛するよ
Someday girl, I don't know when, we're gonna get to that place
いつの日か。いつか分からないけど、俺たちはきっとその場所に行き着ける
Where we really wanna go and we'll walk in the sun
俺たちが本当に行きたい所。俺たちが太陽の下を歩ける所
But till then tramps like us baby we were born to run
でもそれまでは、俺たちのような放浪者は、走るために生まれてきたんだ

Oh honey, tramps like us, baby, we were born to run
俺たちのような放浪者は走るために生まれてきたんだ
Come on with me, tramps like us, baby, we were born to run
俺について来てくれ。走るために生まれてきたんだから


備考
  1. sweat : 汗をかく、一心に働く
    sweat it out :(結果等を)いらいら(はらはら)して待つ、耐える、我慢する
    ※ street は町中の通り、road は町と町をつなぐ道。
    runaway : [名・形] 逃亡(者)、脱走(者)
  2. mansion : 大邸宅、館、マンション
  3. spring - sprang - sprung : [他] 跳ねさせる、飛び上がらせる、飛び立たせる、跳ね返らせる、囚人を脱獄させる
  4. inject : 液体・気体を注射(注入)する
    step out : 勤務中に席をはずす、ちょっと外出する、遊び・パーティー・デートに出かける
  5. rap : コツン(トン)と叩くこと、その音。霊の叩く音、叱責・非難、告訴・告発、刑事責任、犯罪容疑、逮捕、懲役刑
  6. tramp : ドシンドシンと歩く(踏みつける)こと、徒歩旅行、徒歩旅行家、浮浪人、放浪者
  7. wrap : 包む、まとう、くるむ、巻く、巻きつける、表面をおおう
    rim : 縁、へり、リム(車輪の枠)、枠
  8. strap : 革紐で結びつける(締めつける・縛る)
  9. drop ; 滴が落ちる、ばったり倒れる、疲れて倒れる、へたばる
  10. wire : 針金、電線、電話線、有刺鉄線(網)、鉄条網、電話、操り人形の糸、綱渡りの綱
    ※ "out on a limb(枝先に身を乗り出して、一歩間違えれば危険な状態で、助けが無く孤立して)" という言い方もあるので、この "on the wire" は「危険を冒しても、危うい道だけど」などの意味だろうと推測して訳したが、間違っているかもしれない。
  11. gotta = have got to = have to : ~しなければならない
  12. palace : 宮殿、高官の官邸、豪邸、豪華な建物
    hemi- : 接頭辞。「半(half)」の意味。
    drone : 雄ミツバチ、のらくら者、ブーンと唸る音、持続低音
    scream : 汽笛などをピーッと鳴らす、ジェット機などがキィーンという音をたてる、飛行機・車がビュッと飛ばして行く
    boulevard : 広い並木道、遊歩道、大通り
  13. bold : 大胆な、豪胆な、ずぶとい、出過ぎた、不遜な、力強い、(線が)肉太の、際立った、目だった
    stark : 純然たる、全くの、くっきりした、素っ裸の、空漠(荒涼)とした、からっぽの、がらんとした、こわばった、硬直した
  14. huddle : ごちゃごちゃに積み重ねる、ごたごた集める


 1975年のアルバム Born To Run より。
 オートバイは死を誘う乗り物だと思います。「昨日はこのカーブを60キロで抜けられたから今日は65キロで行ってみよう。今日はこのルートを30分で行けるだろうか」などと馬鹿なことを思わせる何かがこの機械にはあります。ハイサイドを起こしかけたり、クルマと衝突したり、死ぬかと思ったことが何度もあります。オートバイに乗らなくなってもう20年近く経ちますが今でも機会さえあればまた乗りたいという気持ちは変わらずにあります。ブルース・スプリングスティーンの若い頃の歌にはよくクルマやオートバイが出てきますが、死の衝動と絡めて歌われていることが多いような気がします。彼の初期の歌は「死と生」が大きな主題だったのでしょう。
 このアルバムの頃から彼をアメリカの労働者階級の代弁者とみなす傾向が現れ始めます。高校を出て肉体労働に従事しアメリカンドリームとは無縁の生活を続ける人々の様々な思いを綴る。確かに彼の歌に多く見られる題材ですが、本来の彼の歌詞は、社会問題を扱うような第三者的・客観的なやり方ではなく思弁的・哲学的な傾向が強いのではないかと思います。この歌詞も「なぜ歌い手は自分を放浪者と規定するのか」「なぜ今住む所ではない、本来自分がいるべき場所を求め続けるのか」など、解釈に悩み、考えさせられるものがあります。

 おまけとして、エイミー・マクドナルドの素晴らしいカバーを紹介しておきます。

 


※この記事は、2011年10月15日に掲載したものの再掲です。

Comments 0

Leave a reply