気に入った洋楽の歌詞を和訳しています。

Try : P!nk



Ever wonder about what he's doing *1
彼が何をしてるか疑ったことない?
How it all turned to lies *1
どうしてすべてが偽りに変わったのかと驚いたことない?
Sometimes I think that it's better to never ask why
私は時々思う。疑問を持たない方がいいのかなって

Where there is desire, there is gonna be a flame
欲望がある所には、炎が生じる
Where there is a flame, someone's bound to get burned *2
炎がある所では、誰かが必ず燃やされる
But just because it burns, doesn't mean you're gonna die
ただ、燃やされ焦がされたところで、死ぬわけじゃない
You gotta get up and try try try *3
立ち上がってやり直さなきゃ

Funny how the heart can be deceiving *4
可笑しくない? 心ってなぜ欺くんだろう?
More than just a couple times
それも二度や三度じゃない
Why do we fall in love so easy, even when it's not right
なぜ簡単に恋に落ちるんだろう。それが間違った時でさえも

Where there is desire, there is gonna be a flame
欲望がある所には、炎が生じる
Where there is a flame, someone's bound to get burned
炎がある所では、誰かが必ず燃やされる
But just because it burns, doesn't mean you're gonna die
ただ、燃やされ焦がされたところで、死ぬわけじゃない
You gotta get up and try try try
立ち上がってやり直さなきゃ

Ever worry that it might be ruined
心配したことない? すべてがだめになるんじゃないかって
And does it make you wanna cry?
そのせいで泣きたくならない?
When you're out there doing what you're doing
じゃあ、泣き終えた後、何をするつもり?
Are you just getting by? *5
ただやり過ごすだけ?
Tell me are you just getting by by by
ねえ。ただ傍らにどけて通り抜けるだけなの?

Where there is desire, there is gonna be a flame
欲望がある所には、炎が生じる
Where there is a flame, someone's bound to get burned
炎がある所では、誰かが必ず燃やされる
But just because it burns, doesn't mean you're gonna die
ただ、燃やされ焦がされたところで、死ぬわけじゃない
You gotta get up and try try try
立ち上がってやり直さなきゃ

You gotta get up and try try try
立ち上がってやり直すの。何度でも


備考
  1. ever : いつも、常に、絶えず、いつまでも、いつか、かつて、これ(今)までに、いったい、おおよそ、ともかく
    ※ Ever wonder about は what ~ と how ~ の両方にかかり、doing のイントネーションが上昇調なので全体が疑問文をなしていると思われる。主語は省略されている。
  2. bound(bind の過去分詞形): 縛られた、禁固された、閉ざされた、拘束された
    be bound to do : ~する義務がある、きっと~する、~する運命にある、~する決心をしている
    burn : 燃える、燃やす、焼く、焼かれる、火傷させる、(愛憎・欲望等が)燃える、焦がれる
  3. gotta = have got to = have to : 1. [義務] しなければならない 2. [必然] ~にちがいない、~のはずだ
    ※日本語の「べし」に「しなければならない」と「する運命にある」という両義があるのと似ている。日本語の「べし」はだいたい文脈で判断できるが、英語の have to については一般的な判断基準が分からない。この歌詞では文脈から「義務」あるいは「そうした方がいい」という「当為」だろう。
  4. deceive : 欺く、だます、惑わす
  5. get by : 通り抜ける、困難に勝って生き残る、うまくやり遂げる、どうにか切り抜ける


 2012年のアルバム "The Truth About Love" より。おそらく恋愛を扱った歌詞ではあるのでしょう。しかし、この歌詞から "fall in love" のたった三語を隠すだけで、この歌は違った様相を呈すように見えます。例えばこの三語の代わりに mistake などの単語を入れて全体を見渡してみると、人生の苦難、生き方の衝突、嘘と真実、挫折や失敗、そしてそれを乗り越える希望を歌っているように聞こえるのではないかと思います。
 また、歌詞では冒頭だけが I で後は you となっているため、自分自身に言い聞かせているともとれるし、you あるいは聞く人すべてに語りかけているようでもあります。そのため、この和訳ではあえて I と you が表れない訳文にしました。

※この記事は、2013年3月8日に掲載したものの再掲です。

Comments 0

Leave a reply