Sedated : Hozier

2017年05月14日




Just a little rush, babe *1
快感なんてほんの少しなんだよ
To feel dizzy, to derail the mind of me *2
その後には眩暈のような混乱と理性の逸脱
Just a little hush, babe *3
静寂なんてほんの少しなんだよ
Our veins are busy but my heart's in atrophy *4
血管はせわしなく働き、心臓は消耗し衰える
Any way to distract and sedate *5
気を紛らわし気を静めるどんな方法も
Adding shadows to the walls of the cave *6
洞窟の壁に新たな影を加えるだけなんだ

※ You and I nursing on a poison that never stung *7
君と僕は毒の乳を飲んできた。それは苦痛をもたらすものではないが
Our teeth and lungs are lined with the scum of it *8
僕たちの歯と肺の内側は、毒の浮きかすで被われている
Somewhere for this, death and guns
この行き着く先は、銃による死
We are deaf, we are numb *9
僕たちは耳が聴こえず、感覚は麻痺している
Free and young and we can feel none of it ※
自由と若さ。そのいずれも感じることができない

Something isn't right, babe
何かが間違ってるんだよ
I keep catching little words but the meaning's thin *10
僕はわずかな言葉をつかまえている。けれども、その意味は乏しい
I'm somewhere outside my life, babe
どこか本当の自分の生命の外側にいるみたいだ
I keep scratching but somehow I can't get in
この境界を爪で引っかいているのに、どうしても中に入れない
So we're slaves to any semblance of touch *11
僕たちは "うわべだけの触れ合い", "見せかけの感触" の奴隷なんだ
Lord we should quit but we love it too much *12
ああ、もうやめたいのに。僕たちはそれが好きでたまらない

☆ Sedated we're nursing on a poison that never stung
鎮静剤を打たれてる。僕たちが飲んでいる乳は苦痛をもたらさないが
Our teeth and lungs are lined with the scum of it
歯と肺の内側は毒の浮きかすで被われている
Somewhere for this, death and guns
この行き着く先は、銃による死
We are deaf, we are numb
僕たちは耳が聴こえず、感覚は麻痺している
Free and young and we can feel none of it ☆
自由と若さ。そのいずれも感じることができない

Darlin', don't you, stand there watching, won't you *13
お願いだ。ここにいてくれないか。見守っていてくれないか
Come and save me from it
ここに来て助けてくれ
Darlin', don't you, join in, you're supposed to *14
お願いだ。協力してくれないか。いや、してくれるだろう?
Drag me away from it *15
僕を "それ" から引き離してくれ

Any way to distract and sedate
気を紛らわし気を静めるどんな方法も
Adding shadows to the walls of the cave
洞窟の壁に新たな影を加えるだけなんだ

※~※

☆~☆


備考
  1. rush : (人や群衆の)突進、殺到。(感情の)ほとばしり、奔出。忙しいこと、急ぐこと。襲撃、猛攻。(麻薬等による突然の)快感、恍惚感。
  2. dizzy : 目が回る。頭がくらくらする、混乱した、当惑した。目が眩むような、目まぐるしい。そわそわした、すぐに気が散る。愚かな、馬鹿げた
    derail : 脱線する、脱線させる、狂わせる、頓挫させる
    ※ "to dizzy, to derail" の to は、不定詞の「~すること、~すべき、~するために」等の「目的」よりは、前置詞的な「結果」や「方向 →」すなわち「rush の後に dizzy, derail が来る」という意味合いが強いように思う。そもそも、不定詞の副詞的用法「~するために…する」は「…する結果~となる」、名詞的用法「~するための…」は「…は結果として~をもたらす」と訳しても意味は変わらないのだろうと思う。ただ、これは感覚的な読解なので、文法的に間違っているかもしれない。
  3. hush : (騒動の後の)静けさ、静寂。歯擦音
  4. atrophy : (栄養不良等による)消耗症、萎縮。(機能の)退化、衰え。(道義心等の)衰退、衰微
  5. distract : 気を散らす、心をかき乱す(紛らす・迷わす)、気持ちを動転させる、取り乱させる。楽しませる、気晴らしをさせる
    sedate : (薬で)鎮静させる
  6. ※この一文はプラトンの『国家』にある「洞窟の寓話」を連想させる。そこでは、私たち人間が認識している事物は、あたかも洞窟の中の火に照らされた物体の「影」に過ぎず、そして私たちの世界ではその「影」こそが実体であるとの常識がまかり通っている。人間が真実に近づくためには、その「常識」を覆す困難を押して、火に照らされた物自体を見ること、ひいては洞窟を出て太陽の光に照らされた世界を見ることが必要だとされる。
  7. nurse : [自動詞] (赤ん坊が)乳を飲む。授乳する。看護師として働く、看病・看護する
    sting-stang-stung : 刺す、痛みを感じさせる、痛ませる。苦しませる、とがめる、心を傷つける、責めさいなむ、刺激して~させる
  8. line with : (衣服・鞄等に)裏を付ける、裏打ちする、内側を~でおおう。(財布・ポケット・胃等に)詰め込む、~で満たす
    scum : (沸騰・発酵で液体表面にできる)浮きかす、あく、あぶく。くず、かす。つまらない奴、人間のくず。精液
  9. deaf : 聴覚障害の、耳が聞こえない、耳が遠い。聞こうとしない、耳を傾けない、無頓着な
    numb : 麻痺している、しびれた、感覚を失った。感情が無感覚になった、茫然とした
  10. thin : 薄い、厚みのない。細い、細長い、やせこけた。まばらな、散在した。(液体・気体が)希薄な、こくのない。実質・内容のない、空疎な、浅薄な、貧弱な。
  11. semblance of ~ : ~の外見、うわべ、見せ掛け、装い。~に似たもの、~のようなもの、~の類似
    touch : 触れること、接触、医師の触診。手触り、肌触り、触感。
  12. quit : やめる、よす、辞職する。立ち退く。断念する、敗北を認める
  13. ※ "Don't you stand there." という命令形であれば「そこに立つな」という禁止を表すが、ここでは歌い方が "don't you?" という疑問形であり後の "won't you?" と併せると「依頼や懇願」を表しているのだろうと思う。
  14. join : 接合する、留める、取り付ける。手などをつなぐ、協力する。合流する、一緒になる、合体する。(with ~, in ~ で)力等を~と合わす。参加する、加入する、加わる
    be supposed to do : ~することになっている、~するはずだ、~しなければならない、本来なら~するはずだ。※規則・法律等によるもの、約束等で行動が期待されているもの、一般に信じられているものなどの幅広いニュアンスが込められる。この歌詞の場合はおそらく歌い手の you に対する「期待」なのだろう。
  15. drag : 引きずる、引っ張る。重い足を引きずって歩く。(人を意志に反する状況・行動に)引きずり込む、(人を会合などに)引っ張り出す


 2014年のデビューアルバム Hozier より。主題は薬物依存からの脱却なのでしょうが、よく分からない部分がいくつかあります。
 一つは、*13 から4行で「助けてくれ」と頼んでいる相手の you が、*7 の「君と僕」の you とは別人のように思えることです。この「君」は「僕」と同様に薬物に依存しているのですから、その「君」に「助けてくれ」と頼むのは不自然だからです。しかし、もし別人だと *13 の you が何者なのかが不明です。いわゆる "神" に値するような存在なのかとも思ったのですが、神に対して "Darling" という呼びかけはさすがにしないと思われ、今の所これに関しては結論が出ません。
 もう一つは、*6 の「洞窟」の隠喩です。ただ単に歌詞を高尚に見せたい為にプラトンの寓話を持ち出したのであればつまらない歌詞だとも言えますが、もしかしたら、彼は薬物の使用を精神や感覚を高め高次の意識を手に入れる一手段と考えているのかもしれません。もしそうだとすると、この歌詞はマドンナの "Devil Pray" という歌と共通する趣旨があるのかもしれません。


 <関連記事>
  ☆ Devil Pray : Madonna



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/440-7d4ebc66
    この記事へのトラックバック


    最新記事