Run (Run Run Run) : Flobots

2017年06月07日




Run, run, run, run, the revolution has begun
走れ。革命は始まった
Run, run, run, run, the revolution has begun
進め。革命は始まった
Run, run, run, run, the revolution has begun
止まるな。革命は始まった
Run, run, run, run, run into the rising sun
走れ。走れ。昇る太陽に向かって

It used to be stupid to say 'revolution'
かつて "革命" を口にするのは愚かなことだった
We way over used it, daze and confusion *1
私たちはこの言葉を使い過ぎ、思考が停止し混乱した
Looped it at rallies and felt a deep therapy *2
集会でこの言葉を繰り返し、深い癒しを感じた
Put it on TV to sell a Jeep Cherokee
ジープ・チェロキーを売るためにCMでも使われた
But invariably, seekers seek clarity *3
しかし、いつであっても常に探求者は存在し明晰さを求める
Secrets leak, people retweet like a parakeet
秘密はリークし、人々はオウムのようにリツィートする
Used to be no sign of hope, now it's show time
かつては希望の兆しもなかったが、今こそ舞台の幕開けだ
Compassion as fast as you can. Go time *4
深い共感を。全速力で。さあ、行こう

What are we running from? What are we running for?
私たちは何から逃げている? 何を求めて走っている?
Hungry gun punishments Or better metaphors
飢えか、銃か、罰か。あるいは、もっといい喩えは…
Burma to Tucson The movement is medicine *5
ビルマの原石はツーソンに来て宝石となる。"動き" は "薬剤" なんだ
Turn our potential into kinetic force *6
それは私たちの潜在力を "動的な力" に変える

With courage we set a course *7
勇気を持って私たちは針路をとる
Where freedom doesn't ring it roars
"自由" が高らかに鳴らない地へ向けて
Follow the drinking gourds guided by an inner north *8
北の精神に導かれる北斗七星を追う
We are not running to and from
私たちは何かに向かって逃げているのではない。何かから逃げているのではない
We know what we are running for
求めるものが分かっているから走っているんだ

Run, run, run, run, the revolution has begun
走れ。革命は始まった
Run, run, run, run, the revolution has begun
進め。革命は始まった
Run, run, run, run, the revolution has begun
止まるな。革命は始まった
Run, run, run, run, run into the rising sun
走れ。走れ。昇る太陽に向かって

If the sun will rise even one more time, so will I. So will I
太陽は繰り返し昇るのだから、私たちだって、私たちだって…

We run to the horizon line Not confusing finish lines
私たちは地平線に向かって走るが、間違ってはいけない。それは終わりの線ではない
Call your witless ministers, it's "can I get a witness" time *9
愚かな牧師を呼べ。「そうでしょう、皆さん?」の時間だ
spit these rhymes for picket signs *10
デモ隊のプラカードのためにこの言葉を歌う
Philistines in skittish minds *11
無教養な俗物たちに向けて
For confined refugees slaving in pantomime in packing plants *12
そして、食品工場で黙々と奴隷のようにこき使われる難民たちのために
out of sight and out of mind it's business time *13
見えないものからは心も離れてしまう。さあ、仕事の時間だ
If we don't dig it, let's undermine it *14
気に入らないのなら、土台を掘り崩そう
we run from the dark and unbearable lightness into defiance *15
暗闇も耐え難い光もものともせずに走ろう
where our sun shines brightest
私たちの太陽が光り輝く地へと

The revolution has begun
革命は始まっている
The clever youth they had to run
かつて賢明な若者は走らねばならなかった
Cuz they were shooting at em guns
銃で狙われていたからだ
from every roof the flags were hung
すべての屋根から旗が掲げられていた
and shards of glass were flung *16
ガラスの破片が投げつけられたが
but women came and added on
女たちも集い、参加した
Til what they said no one could ever ever do it
こんな事をやった者はかつて誰もいないと言われるまで
Had been done
こんな事は初めてだと言われるまで
And they inspired us from Babylon to Avalon *17
あの彼らが私たちを刺激して導く。退廃の都市バビロンから楽園の島アヴァロンへと
We saw that they were headed somewhere fast
私たちは見た。彼らの目はしっかりと "どこか" に向けられていた
and tried to tag along like a vagabond *18
そしてその "どこか" に付き従おうとしていた。まるで漂泊者のように
So we battle on all over the map *19
そうだ。私たちの戦いは至る所にある
It's not a sprint, it's a decathlon, everybody *20
それは短距離走ではない。十種競技だ

Run, run, run, run, the revolution has begun
走れ。革命は始まった
Run, run, run, run, the revolution has begun
進め。革命は始まった
Run, run, run, run, the revolution has begun
止まるな。革命は始まった
Run, run, run, run, run into the rising sun
走れ。走れ。昇る太陽に向かって

If the sun will rise even one more time, so will I. So will I
太陽は繰り返し昇るのだから、私たちだって、私たちだって…


備考
  1. way : [副] とても、はるかに、ずっと、かなり
    daze : (何かが原因で)ぼうっとした状態、当惑すること、うろたえること、放心状態
  2. loop : 輪をつける、輪で囲む、輪にして巻く。輪にして締める、輪で結ぶ。輪状にする。弧を描いて飛ばす、飛行機を宙返りさせる。導体をつないで閉回路にする
    rally : 再集合、再結集、盛り返し、立て直し。(病気等の)回復、持ち直し。(政治・宗教等の)大会・集会
    therapy : 治療、療法。心理療法。治療効果、癒しの力。
  3. invariably : いつも、きまって、例外なく、相も変わらず。変わることなく、一定不変に
    clarity : 透明、清澄。明瞭、明晰、明快、平明
  4. Compassion : 救いたいと願う思いやり、深い同情、慈悲心
  5. Burma : バーマ。ビルマ。ミャンマーの旧国名。宝石の産出量が多く、特にルビーは世界の産出量の9割を占める。他に、サファイア、翡翠なども有名。
    Tucson : ツーソン。米アリゾナ州南部の都市。毎年世界最大の宝石・鉱物見本市が開かれる。
    ※ "Burma to Tucson" は「ビルマからツーソンへ」「ツーソンへ向かうビルマ」等の意味になるのだろうが、訳文は上記の内容を元に意訳しているため間違っているかもしれない。
  6. kinetic : 運動の、運動によって生じる、動的な
  7. set a course for ~ : ~に針路をとる
  8. gourd : ひょうたん
    drinking gourd : ひょうたんの実で作った柄杓(ひしゃく)。北斗七星。※ "斗" は柄杓を意味する。
    Follow the Drinking Gourd : アメリカで広く知られているフォークソング。逃亡奴隷が "北=自由" を目指すという内容で、逃亡奴隷を手助けした地下組織 "The Underground Railroad" で歌われたという伝説もあるがその真偽は不明。
    ※ "an inner north" はおそらく「北部の中心地」「北部の真ん中」などの意味だろうが、文脈がつかめなかったので "inner" を「精神性」の比喩ととらえ想像で意訳しているので間違っている可能性が高い。
     
  9. witless : 愚かな、無分別な、知恵のない、思慮のない、気が狂った
    minister : アメリカでは「神の僕、聖職者、プロテスタントの牧師、カトリックの司祭」等をイメージする言葉らしい。
    Can I get a witness? : 黒人のキリスト教会で説教師が使う決まり文句。witness は「目撃者、証人」なので直訳だと「証人になってくれるか?」という意味だが、ニュアンスとしては聴衆に向かって「同意や確認、肯定」を求める感じで、これに対し聴衆は "Amen!" と応えるのが習慣となっているらしい。
  10. picket : 見張り兵、前哨隊、監視員、見張り番。労働争議でのピケ(隊員)
    picket sign : プラカード。広い用途があるが、デモ行進等で主張を書いて頭上に掲げ公に伝えるものとしても使われる。
  11. Philistine : ペリシテ人。古代パレスチナでユダヤ人に敵対した民族。無教養な俗物、実利主義者
    skittish : (馬が)驚きやすい、物怖じする。元気のよい、活発で気ぜわしい、お転婆な。移り気の、はにかみ屋の、内気な
  12. confine : 範囲を限る、制限する。閉じ込める、監禁する、引きこもらせる
    slave : 奴隷のようにあくせく働く
    packing plant : 精肉・果物・野菜の食品包装工場、缶詰工場
  13. Out of sight, out of mind : 去る者は日々に疎し。目にしないものは、心からも離れてしまう
  14. dig it : 理解する、共感する、気に入る、好きだ
    undermine : ~の下に穴を掘る、~の土台を崩す。~を徐々に衰えさせる、知らぬ間に弱らせる。~を間接的(卑劣)な手段で攻撃する、密かに傷つける
  15. defiance : (権威・敵対者等に対する)果敢な抵抗、大胆な反抗・挑戦・反逆。公然の無視、軽蔑
    in defiance of : ~を無視して、~をものともせずに、~にもかかわらず
  16. fling-flung-flung : 荒々しく投げる、放り出す。投げつける、浴びせる
  17. inspire : 奮い立たせる、刺激して~する気にさせる、促がして~する気にさせる。(感情・考え等を)生じさせる、呼び起こさせる、抱かせる。活気を与える、活発にさせる。霊感によって伝える、霊感によって導く
    Babylon : ユダヤ・キリスト教におけるバビロン=バベルは退廃した都市、虚栄や悪徳の象徴であり、神に敵対するものとして扱われる。
    Avalon : ブリテンにあるとされる伝説の島。傷ついたアーサー王が癒しを求めて訪れ最期を迎えた地で、またイエス・キリストがブリテン島に始めて上陸した地だという伝説もある。
  18. tag along : ~の後ろにぴったりついて行く、すぐ後を追う、付いて回る、付きまとう、付き従う、付き添う
    vagabond : 放浪者、漂泊者、浮浪者、無宿人、さすらい人、宿無し。ならず者、やくざ、無頼漢。ルンペン、乞食
  19. all over the map : 至る所に散らばっている、そこらじゅうにある
  20. decathlon : 十種競技。100m、走幅跳、砲丸投、走高跳、400m、110mハードル、円盤投、棒高跳、やり投、1500mを二日間にわたって競う。その勝者はキング・オブ・アスリートと称えられる。


 2012年のアルバム "The Circle in the Square" より。
 前にも書いたことがありますが、政治体制の根本的な転覆という意味での革命は現代のアメリカや日本では起こり得ないだろうと思います。民主主義や資本主義などを覆せるほどの力を持った思想がないからです。そのため、この歌で歌われている "revolution" は国家体制の転覆などの革命ではなく、個々の政治・社会問題に関わる活動を指しているのだろうと思います。国家全体から見れば些細な問題かもしれないが、戦うべき場は至る所にあると言っているのではないでしょうか。


 <関連記事>
  ☆ Talkin' Bout A Revolution : Tracy Chapman



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/441-9a8af424
    この記事へのトラックバック


    最新記事