Ditmas : Mumford & Sons

2017年07月02日




And in time
いつしか
As one reminds the other of the past
人は誰かを過去の人と思うようになる
A life lived much too fast to hold onto
人生は沢山の事が次から次へと生じ、一つにしがみついてはいられない
How am I losing you?
僕はどんな風に君を失うのだろう?

A broken house
壊れた家は
Another dry month waiting for the rain
またこれから乾いた一月、雨を待ち続ける
And I had been resisting this decay *1
こんな腐朽と衰退に僕はずっと抗ってきた
I thought you'd do the same *2
君も同じだと思っていた

※ But this is all I ever was
でも、これがこれまでの僕のすべてなんだ
And this is all you came across those years ago *3
そして、君がこの数年に出合ってきたことのすべてなんだ
Now you go too far *4
もう君はとても遠くに行っている
Don't tell me that I've changed because that's not the truth
僕が変わったなんて言わないでくれ。そんな事はないのだから
And now I'm losing you ※
僕は君を失おうとしている

Fragile sound *5
か細い響き
The world outside just watches as we crawl *6
外の世界は、僕たちが這うように進むのをただ見守るだけ
Crawl towards a life of fragile lines *7
か細い糸のような人生に向かって這い進むのを
And wasted time
無駄に時を費やした人生

And so I cry
だから、僕は泣くだろう
As I hold you for the last time in this life *8
君を抱くのがこの人生で最後となる時が来たら
This life I tried so hard to give to you
君にすべてを捧げようとしてきたこの人生で
What would you have me do? *9
君は僕がどうする事を望んでいるのだろう?

※~※

Where I used to end was where you start *10
いつだって僕の終着点は君にとっては始発点だった
You were the only one
君は僕にとって唯一の人だった
And now I see your eyes move too fast *11
今君の目はあちこちに動き回っている
You were the only one
唯一の人だった君なのに

Careful hands *12
気を使い、用心深くなったお互いの手と手
And wandering without that much to say
口数少なく、当てもなく歩き回る
Your words are empty as the bed we made *13
君の言葉は、今の僕たちのベッドのように空虚だ
Is there another way?
何か他に道はないのかい?
Oh love, is there another way?
愛しい人よ。何か他に道はないのかい?

※~※

And now I'm losing you
僕は今、君を失おうとしている


備考
  1. resist : 抵抗・反抗・反撃する。~に侵されない、~に耐える。~を我慢する
    decay : 腐敗、腐朽。虫歯。衰え、衰退、消滅、堕落
  2. would : ここではおそらく「過去における習慣、習性、反復的動作」を表す「きまって(よく)~したものだ、~するのであった」という意味だろうと思う。
  3. come across : 渡って来る、横切る。出くわす、ふと(偶然)見つける、見かける、遭遇する
  4. go too far : 度が過ぎる、度を超す、やり過ぎる、言い過ぎる、遠くに行き過ぎる
  5. fragile : 壊れ(折れ・砕け)やすい、もろい、弱い。華奢な、か細い、繊細な。実質のない、薄弱な、中身のない。虚弱な、元気のない、調子の悪い
    ※ "sound" は具体的に何の音を指しているのだろうか? 裏の意味としては彼らが作る「音楽」を指すのだろうが、表の「失恋の歌」としては曖昧でよく分からない。全体の文脈から「君」の声なのではないかと思うが確信は持てない。
  6. world : 世界、人類、人間、世間の人々、この世、世間、俗世、俗事、~界、宇宙、森羅万象、多数・多量・無限、天体・惑星
  7. line : 線。筋、縞、しわ。境界(線)、境、限界。輪郭、外形。進行方向、道筋、方向・方針。電話、電線。糸、紐、細綱。列、連続、行列。
  8. for the last time : 最後に、それを終わりとして、(それが最後になるように)今度こそきっぱり
  9. have + 人 + 動詞の原形 : ~に~してもらう、~に~させる。
    ※ have は「義務や立場的に自然・当然な事をさせる」という含意がある。一方 let は「許可する、したい事をさせてやる」、make は「強制する、無理にでもやらせる」という含意がある。
  10. used to do : 過去に~をしていた(現在はしていない)、以前は~だった(が今は違う)。過去の習慣や反復的・継続的な行動を表す。
  11. ※ "eyes move too fast" は正確な意味が分からない。彼女が目をきょろきょろさせて自分以外のものばかり見ていることを示唆するものだろうと思うが確信はない。
  12. ※ "careful hand" は通常「注意深い(用心深い)手つき」や「丁寧な仕事」、「人を気遣って世話をすること」等の意味になるのだろう。そのどれもそのままでは当てはまらないような気がする。「用心深い手つき」がいちばん近いように思えたのでそれを適用し、"hands" と複数形であることを根拠に二人の「手と手」であると想像して意訳してあるが、間違っているかもしれない。
  13. "as the bed we made" は「かつて僕たちが(一緒に)整えたベッドのように」なので、おそらく「前は同衾していたが今はそうではない」ことを示唆するものなのだろう。


 2015年のアルバム "Wilder Mind" より。曲名はニューヨーク・ブルックリンにある "Ditmas Park" という地区名でこのアルバムを録音したスタジオのある場所です。Park と言っても「公園」ではなく、古い家屋、町並みなどが歴史的遺物として保存されている地区を指しています。歌詞は表面的には失恋を表す内容でしょうが、バンジョーに象徴される素朴な音作りから電子機器を使った現代的な音作りへと変わってきたことに関するバンドとしての自己弁明の意味合いも込められているそうです。その場合歌詞の「君」はファンや評論家、メディアなどを指すことになるのでしょう。
 自分の恋愛感情を書き言葉にした経験がないため、このような歌詞の翻訳は非常に苦手です。特に男の書いた歌詞は他人の事なのに訳しているこちらが気恥ずかしくなってきます。ただ、Marcus Mumford の書く歌詞は適度に格調高く詩的な感じがします。英語の詩的な美しさはよく分からないのですが、なかなか詩才のある人なのではないでしょうか。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/444-7a621448
    この記事へのトラックバック


    最新記事