Battle Symphony : Linkin Park

2017年07月23日




I got a long way to go and a long memory
行くべき長い道がある。そして、長い時を過ごした思い出がある
I been searching for an answer always just out of reach
ずっと答を探してきたけれど、いつもあともう少しという所で届かなかった
Blood on the floor, sirens repeat
床の上の血。繰り返し鳴るサイレン
I been searching for the courage to face my enemies
ずっと探してきた。自分の敵と向き合うための勇気を
When they turn down the lights
照明が落ちていくと
I hear my battle symphony
戦いの交響曲が聞こえてくる
All the world in front of me
目の前のこの世界すべてを、
If my armor breaks I'll fuse it back together
たとえこの鎧が砕けても、きっとすべてをまた融かし合わせてみせる
Battle symphony
それが戦いの交響曲
Please just don't give up on me and my eyes are wide awake
だからお願いだ。俺を見限らないでくれ。そうすれば、俺は完全に覚醒する
For my battle symphony
この戦いの交響曲のために
For my battle symphony
この戦いの交響曲のために

They say that I don't belong, say that I should retreat
みんなが言う。「お前はその器ではない。きっと退却するだろう」
that I'm marching to the rhythm of a lonesome defeat
「独りきりの敗北の行進曲に乗って逃げ出すだろう」
But the sound of your voice puts the pain in reverse
だけど、お前の声がこの苦痛を後ろに追いやってくれる
No surrender, no illusions and for better or worse
「負けるな。期待し過ぎるな。良い時もあれば悪い時もあるさ」
When they turn down the lights
照明が落ちていくと
I hear my battle symphony
戦いの交響曲が聞こえてくる
All the world in front of me
目の前のこの世界すべてを
If my armor breaks I'll fuse it back together
たとえこの鎧が砕けても、きっとすべてをまた融かし合わせてみせる
Battle symphony
それが戦いの交響曲
Please just don't give up on me and my eyes are wide awake
だからお願いだ。俺を見限らないでくれ。そうすれば、俺は完全に覚醒する

If I fall, get knocked down, pick myself up off the ground
転んでも、打ち倒されても、自分で立ち上がる
If I fall, get knocked down, pick myself up off the ground
転んでも、打ち倒されても、自分で立ち上がる

When they turn down the lights
照明が落ちていくと

I hear my battle symphony
戦いの交響曲が聞こえてくる
All the world in front of me
目の前のこの世界すべてを
If my armor breaks I'll fuse it back together
たとえこの鎧が砕けても、きっとすべてをまた融かし合わせてみせる
Battle symphony
それが戦いの交響曲
Please just don't give up on me and my eyes are wide awake
だからお願いだ。俺を見限らないでくれ。そうすれば、俺は完全に覚醒する

For my battle symphony
戦いの交響曲のために
For my battle symphony
俺の戦いの交響曲のために



 チェスター・ベニントン様。心震わせてくれる稀有な歌声をたくさん聞かせてくれて有難う。今、見知らぬ君の声を聞く度に何故か涙が溢れてくる。辛かっただろう。苦しかっただろう。口惜しかっただろう。でも、今はもう、安らかに眠ってください。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/447-3d3a091c
    この記事へのトラックバック


    最新記事