Animals : Martin Garrix

2017年10月17日




We are the fuckin' animals
俺たちはただのけだものさ


 2013年に発売された曲です。作曲時マーティン・ギャリックスはまだ16歳だったそうです。こういう人を天才と言うのでしょうか。記事としてはまた手抜きで歌詞が一文しかありません。"fucking" という言葉は善悪、好悪さまざまな使われ方をし、私には適切に訳すことは無理なのですが、一応動画を見た上でこんな感じかなと訳してあります。あくまで参考程度の訳文だと思って下さい。動画の初めの方で時計が掲げられ、それが時を刻むような効果音が使われているのは「このような "fuckin' 最低で最高な事" ができるのは今のこの僅かな間だけであり俺たちに残されている時は限られている」と言っているような感じがします。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/463-2d642dcd
    この記事へのトラックバック


    最新記事