気に入った洋楽の歌詞を和訳しています。

Circle In The Sand : Belinda Carlisle



Sundown all around
見渡せば辺り一面が日暮れ時
Walking through the summer's end
夏の終わりに囲まれて歩いている
Waves crash baby, don't look back
波が砕ける。ねえ。後ろを振り返らないで
I won't walk away again
もう二度と離れたくない

※ Oh, baby, anywhere you go,
ああ、あなたがどこに行こうとも
We are bound together
私たちは結ばれている
I begin, baby, where you end
あなたが終わりにした場所から私は始めるの
Some things are forever
永遠なものだってあるのよ
Circle in the sand
砂の中の円
'Round and 'round
ぐるぐると回る
Never ending love is what we've found
決して終わらない愛こそ私たちが見つけたもの
And you complete the heart of me
あなたが私の心を完全にしてくれる
Our love is all we need
私たちに必要なのは愛だけ
Circle in the sand ※
砂の中で回る

Cold wind, tide moves in
冷たい風、満ちてくる潮
Shivers in the salty air
潮風に身が震える
Day breaks, my heart aches
夜が明ける。心が痛む
I will wait for you right here.
あなたを待とう。ここで

Oh, baby when you look for me
ああ、仮にあなたが私を探したとしても
Can you see forever?
あなたは永遠に私を見ていてくれるの?
I begin baby, where you end
あなたが終わりにした場所から私は始めるの
We belong together
私たちは一緒にいるべきなの
Circle in the sand
砂に円を描く
'Round and 'round
ぐるぐると、ぐるぐると
Rising of the moon as the sun goes down
月が昇り、太陽が沈む
And you complete the heart of me
そして、あなたが私の心を完成させる
Our love is all we need
愛だけが私たちに必要なもの
Circle in the sand
砂の中の円
Circle in the sand
砂の中の円

Baby can you hear me?
ねえ、聞こえる?
Can you hear me calling?
あなたを呼ぶこの声が聞こえる?

※~※


 1987年のアルバム "Heaven on Earth" に収録。
 閉じた一次元空間である円。その道は、歩いても歩いても始まりもなければ終わりもない。いつでも側にいるはずの彼はすぐに後ろを振り返ろうとする。いつしか彼はその道行きを終わりにして彼女は一人になる。一人になっても彼女は歩みを止めない。ぐるぐると、ぐるぐると。強い絆で結ばれている二人は必ず一緒になる運命にある。そう思いながら彼女は、彼に呼びかけ続け、彼を待ち続ける。
 上のような心理的情景を思い浮かべましたが、根拠のない単なる想像なのでもしかしたら作詞者の意図とずれているかもしれません。作詞者が "circle 円" という言葉に「永遠の愛」という陳腐な意味を持たせながら、同時に「ただ一所を堂々巡りする進展も目的もない道行き」という皮肉を込めたのではないだろうかと私には思えました。また、"sand 砂" はすぐに消えてしまう「はかなさ」を象徴させているのでしょう。

Comments 0

Leave a reply