Gloomy Sunday

2010年01月11日

Gloomy Sunday : Björk




Sunday is gloomy *1
日曜日は憂鬱
The hours are slumberless *2
眠れない時が続く
Dearest the shadows I live with are numberless *3
私と共に生きる亡霊たちは数え切れないほど

Little white flowers will never awaken you,
可愛い白い花もあなたを目覚めさせることはない
Not where the dark coach of sorrow has taken you *4
悲しみの黒い車があなたを連れ去った所では

Angels have no thought of ever returning you
天使たちもあなたを帰還させる気はないらしい
Would they be angry if I thought of joining you? *5
天使たちは怒るだろうか? 私があなたと結ばれたいと思ったら

Gloomy Sunday
暗い日曜日

Gloomy Sunday
暗い日曜日を
With shadows I spend it all
私は亡霊たちと共に過ごす
My heart and I have decided to end it all *6
愛しい人と、私は、すべてを終わらせることにした

Soon there'll be prayers and candles are lit, I know *7
間もなく、この場所は祈りに包まれ、ろうそくに火がともされるだろう
Let them not weep
泣かないでほしい
Let them know, that I'm glad to go
知って欲しい。私が喜んで行くことを

Death is a dream
死は夢
For in death I'm caressing you *8
死によって、私はあなたと抱擁できる
With the last breath of my soul
私の魂の最期の一息は
I'll be blessing you
あなたへの祈りに捧げる

Gloomy Sunday
暗い日曜日

Dreaming, I was only dreaming
夢なんだ。私はただ夢を見ていただけ
I wake and I find you asleep on deep in my heart, dear
私は目覚め、あなたを見つける。深く眠っている、私の胸の中で

Darling, I hope that my dream hasn't haunted you *9
愛しい人よ。私の夢があなたをわずらわせていなければいいけれど
My heart is telling you
私の心は、あなたにこう言いたいだけ
How much I wanted you
どれだけ、あなたを求めたことか

Gloomy Sunday
暗い日曜日

It's absolutely gloomy sunday *10
本当に憂鬱な日曜日


備考
  1. gloom : うす暗がり、うす暗闇、陰気、憂鬱、暗澹
  2. slumber : [名・動] すやすや眠る、うとうとする、まどろむ、眠って(時間・生涯等を)無為に過ごす
    slumberless : [形] 眠ることのない
  3. shadow : 影、暗がり、幻影、亡霊、暗い影
  4. coach : 大型馬車、乗合馬車、セダン型の自動車、長距離バス、客車
  5. join : [他・自] 合わせる、つなぐ、加わる、参加する、結びつく、一緒になる
  6. end it all : 自殺する
  7. prayer : 祈り
    prayers : 祈祷式
  8. caress : [名・動] 慈愛の情・行為、愛撫(キス・抱擁など)
  9. haunt : 足繁く通う、度々訪れる、幽霊などがある場所に出る、付きまとう、とりつく、悩ます
  10. absolutely : 絶対的に、無条件に、完全に、断然、全く


 ウィキペディアによると『暗い日曜日』は1933年にハンガリーで発表されています。これを聞いて数多くの人が自殺をしたといういわくつきの歌で、欧米では「自殺の聖歌」として有名だそうです。それだけ魅力のある歌のようで、世界中の多くの歌手がこの歌をレコーディングしています。
 一見すると恋人を亡くした女性が後を追って自殺する内容に思えますが、歌詞の最後で実はすべてが夢だったということにされます。そして、隣で眠る彼を見て安心するという少し不自然な終わり方です。この歌詞はアメリカ人の Sam M. Lewis という人が書いてビリー・ホリディなどがレコーディングしたものとほぼ同じです。ハンガリー語の原詞やダミアが歌ったフランス語の歌詞は、これとは異なるもっと暗いものだったようです。おそらく、自殺の聖歌と呼ばれる歌をアメリカで録音するにあたって、内容を少しでも明るいものにしたいという意図があったのではないでしょうか。
 なお冒頭の動画の音源は、アメリカの電話会社 AT&T が1998年に開催した Stormy Weather というコンサートでビョークが歌ったものです。AT&T はそれをCD化して顧客にプレゼントしたそうです。非売品なのでしょうが、先ほど探してみたところ米アマゾンに3ドルで出品されていました。



コメント

  1. 通りすがり | URL | amXlFcx2

    Re:Gloomy Sunday

    詳しい説明ためになりました。

    ビョークの暗い日曜日の音源は日本ではカンタンに手に入らないということなんでしょうか?

  2. Kalavinka | URL | IeOjDy9U

    通りすがり 様

     コメント、ありがとうございます。
     私自身、この記事を書く際にたまたま Youtube でビョークの歌を見つけたので、詳しいことは知らないのです。ビョークの歌うこの曲の音源は、ネットで調べた限りでは記事に書いたCDしかないようです。
     アメリカのアマゾンのアカウントを取れば購入は可能だとは思いますが、経験がないので送料がいくらくらいかかるか等の正確なところをお伝えすることができません。申し訳ありません。ちなみに、現在楽天オークションに一点だけ出品されています。
     

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/71-a6483738
この記事へのトラックバック


最新記事