Blood of Eden

2010年05月25日

Blood of Eden : Peter Gabriel




I caught sight of my reflection *1
影を見つけた
I caught it in the window
窓に映る自らの姿
I saw the darkness in my heart
心の闇が見えた
I saw the signs of my undoing *2
堕落の兆しが見えた
They had been there from the start
それは始まりからここにあったのだ

And the darkness still has work to do
その闇はいまだ為すべきことがある
The knotted chord's untying *3
もつれた心の弦はほどけかけ
They're heated and they're holy
熱きもの聖なるものは
Oh they're sitting there on high *4
高き所にあり
So secure with everything they're buying *5
ゆるぎなくすべてを信ずる

In the blood of Eden lie the woman and the man *6
エデンの血のもとに女と男はよこたわる
With the man in the woman, and the woman in the man
男は女の中に、女は男の中に
In the blood of Eden lie the woman and the man
エデンの血族として女と男は存在する
We wanted the union, oh the union of the woman, the woman and the man
私たちは望んだ、一体となることを。女と男の結合を

My grip is surely slipping
私の手はすべりやすい
I think I've lost my hold *7
私は手を放してしまったのだろうか
Yes I think I've lost my hold
そう、手を放してしまったのだろう
I cannot get insurance any more *8
もう保険はきかない
They don't take credit, only gold
クレジットはきかない、金だけだ
Is that a dagger or a crucifix I see *9
そこに見えるのは短剣か十字架か
You hold so tightly in your hand
お前がそれほど固く握り締めているのは
And all the while the distance grows between you and me *10
時とともに距離は大きくなる、お前と私の間の
I do not understand
その間ずっと私は分かっていない

In the blood of Eden lie the woman and the man
エデンの血のもとに女と男はよこたわる
With the man in the woman, and the woman in the man
男は女の中に、女は男の中に
In the blood of Eden lie the woman and the man
エデンの血族として女と男は存在する
We wanted the union, oh the union of the woman, the woman and the man
私たちは望んだ、一体となることを。女と男の結合を

At my request you take me in *11
私の求めに応じお前は私を受け入れる
In that tenderness I am floating away *12
その優しさの中で私は漂い続ける
No certainty, nothing to rely on *13
不確かで、頼れるものもない
Holding still for a moment
目の前の一瞬にしがみつく
What a moment this is
ただ今のこの一瞬に
Oh for a moment of forgetting
忘れ去られる一瞬に
A moment of bliss *14
至福の一瞬に
Hey

I can hear the distant thunder
聞こえる、遥かな雷鳴のような
Of a million unheard souls *15
百万の聞かれることのない魂たち
Of a million unheard souls
百万の魂たちの蠢きが
Watch each one reach for creature comfort *16
見よ。それぞれが皆、生き物としての快楽を求め手を伸ばしている
For the filling of their holes
彼らの穴を満たそうとして

In the blood of Eden lie the woman and the man
エデンの血のもとに女と男はよこたわる
With the man in the woman, and the woman in the man
男は女の中に、女は男の中に
In the blood of Eden lie the woman and the man
エデンの血族として女と男は存在する
We wanted the union, oh the union of the woman, the woman and the man
私たちは望んだ、一体となることを。女と男の結合を

In the blood of Eden lie the woman and the man
エデンの血のもとに女と男はよこたわる
I feel the man in the woman and the woman in the man
私は思う。男は女の中に、女は男の中に
In the blood of Eden lie the woman and the man
エデンの血族として女と男は存在する
I feel the man in the woman and the woman in the man
私は思う。男は女の中に、女は男の中に

In the blood of Eden we've done everything we can
エデンの血のもとに、私たちは為せることを為してきた
In the blood of Eden, saw the end as we began
エデンの血のもとに、既に終わりを見た上で、私たちは始めたのだ
With the man in the woman and the woman in the man
男は女の中に、そして、女は男の中に
It was all for the union, oh the union of the woman, the woman and the man
すべては一体となるためにある。女と男が結ばれるために


備考
  1. catch sight of : 見つける、ちらっと見る
    reflection : 反射、反映、映像、水などに映った影、内省、黙想、熟考
  2. undo : 元通りにする、取り消す、はずす、ゆるめる、ほどく、堕落・零落・破滅させる
  3. knotted : 節くれだった、結び目のある、もつれた、難しい
    chord : 楽器の弦、和音、心の琴線
  4. on high : 高所に、天に、空中に
  5. secure : 安全な、安心な、ゆるぎない、確信して
    buy : 買う、獲得する、意見を受け入れる、賛成する、信ずる
  6. lie : 横たわる、葬ってある、位置する、広がっている、存在する、~の関係・状態にある
  7. lose one's hold : 手掛かりを失う、手を放す、支配(人気・理解)を失う
  8. insurance : 保険(契約)、保険証券
  9. dagger : 短剣、短刀、あいくち
    crucifix : 十字架像、十字架
  10. all the while : その間ずっと、始終
  11. at sb's request : ~の依頼により
    take in : 取り入れる、受け入れる、理解する、虚報などを真に受ける
  12. away : 去って、離れて、あちらへ、絶えず、どんどん、ただちに、すぐ
  13. rely : 信頼する、頼みにする、あてにする
  14. bliss : 無常の喜び、至福、幸福、天国、天国にいること
  15. unheard : 聞いたことのない、知られていない、聞こえない、弁明の機会を与えられていない
  16. reach : つかもうと手を伸ばす、背伸びする、植物等が伸びる、得よう(達しよう)と努める
    creature comfort : 肉体的快楽を与えるもの(美食、美衣、暖かな住まいなど)


 1992年に発売されたアルバム Us に収録。
 何が言いたいのか分かりにくい歌詞ですが、男と女をテーマにしながら一度も love という言葉を使わないのはさすがです。take me in, float in, million souls, fill of holes 等、性的な暗喩がちりばめられているように見えますが、全体としては「愛の継続」を主題としているように感じます。
 男が女を好きになるきっかけは得てして動物本能的な欲求によります。しかし、愛という思考や行為は人間が発明したもので、天然自然のものではないのではないかと昔から思っています。いろいろな考え方があるでしょうが、愛と言うのは自然に生まれてくる感情ではなく「この人を愛そう」という意志の結晶として作られるものではないかと思います。愛の継続には強い意志が必要なのではないでしょうか。
 なお youtube には公式の PV もあります。ある程度歌詞に沿った映像になっているので興味のある方は検索してみてください。シネイド・オコナーが出演しているのでここで紹介したかったのですが、ピーター・ガブリエルの作るビデオは私の嗜好に合わないので掲載しませんでした。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/86-cd6a695b
    この記事へのトラックバック


    最新記事