Little Lion Man

2010年06月24日

Little Lion Man : Mumford & Sons




Weep for yourself, my man
涙は自分のために流せ
You'll never be what is in your heart *1
心の思いのようにはなれないものだ
Weep, little lion man
泣くがいい、小さな獅子よ
You're not as brave as you were at the start
始まりの時の、お前の勇気はどうした
Rate yourself and rake yourself *2
自分を過小評価するな、全力を尽くせ
Take all the courage you have left
どこかに置き忘れた勇気をすべて取り戻せ
wasted on fixing all the problems that you made in your own head *3
お前の頭の中だけでこしらえた問題にとらわれ、使い尽くしてしまった勇気を

But it was not your fault but mine
しかし、それはお前の誤りではなく、私の誤りだったのだ
And it was your heart on the line *4
お前の心を危険にさらしてしまった
I really fucked it up this time *5
これは本当に私のしくじりだった
didn't I, my dear?
そうだろう? 息子よ

Tremble for yourself, my man *6
自分のために身を震わせろ
You know that you have seen this all before
お前はかつてこれをすべて見てきたはずだ
Tremble, little lion man
身を震わせろ、小さな獅子よ
You'll never settle for any of your scores *7
どんな成果を出しても満足はできないものだ
Your grace is wasted in your face
お前の気品はやつれ果てている
Your boldness stands alone among the wreck *8
お前の豪胆さは難破船の中で孤立している
Learn from your mother or else spend your days biting your own neck *9
母から学べ。さもないと自分の首をかみ続けることになるぞ

But it was not your fault but mine
しかし、それはお前の誤りではない。私の誤りだ
And it was your heart on the line
お前の心を危うくさせてしまった
I really fucked it up this time
本当に私のしくじりだった
didn't I, my dear?
そうだろう? 息子よ


備考
  1. in one's heart : 心の奥底で(は)、ひそかに
  2. rate : 見積もる、評価する、~とみなす、高く評価する
    rake : 熊手でかく、掃く、かき集める、かき払う
  3. fix : 固定させる、取り付ける、据える、人をじっと見る、目・注意・思いなどをじっと向ける
  4. on the line : 丸見えにして、危うくして、賭けて
    put one's reputation on the line : 名声を賭ける(危険にさらす)
  5. fuck up : やりそこなう、しくじる、だいなしにする
  6. tremble : 震える、わななく、とても不安(心配)になる、気をもむ
  7. settle for :(不満ながら)~で満足する、妥協する、我慢する
  8. boldness : 大胆さ、ずぶとさ、豪胆、力強く奔放であること、冒険的で自信のあること
  9. or else : でなければ、さもないと


 Mumford & Sons は2008年にロンドンで結成されたフォーク・ロックバンドです。この曲は2009年に発売されたアルバム Sigh No More に収録されています。
 いろいろな解釈ができそうな歌詞ですが、ここではタイトルからライオンの父親が息子に教え諭し、また励ますというイメージで訳してみました。終盤の Learn from your mother の意味が分かりません。背景に何らかの寓話がありそうなのですが、無教養のために分かりませんでした。
 このバンドのことは鳩井イハト氏のブログで知りました。鳩井氏は同アルバムの中の The Cave という歌を翻訳されています。あまりにも私の嗜好に合う歌だったため、多くの人に聞いて欲しくここで紹介することにしました。出会いを作って下さった氏に感謝します。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/91-12bd32af
    この記事へのトラックバック


    最新記事