Ditmas : Mumford & Sons

2017年07月02日




And in time
いつしか
As one reminds the other of the past
人は誰かを過去の人と思うようになる
A life lived much too fast to hold onto
人生は沢山の事が次から次へと生じ、一つにしがみついてはいられない
How am I losing you?
僕はどんな風に君を失うのだろう?

A broken house
壊れた家は
Another dry month waiting for the rain
またこれから乾いた一月、雨を待ち続ける
And I had been resisting this decay *1
こんな腐朽と衰退に僕はずっと抗ってきた
I thought you'd do the same *2
君も同じだと思っていた

※ But this is all I ever was
でも、これがこれまでの僕のすべてなんだ
And this is all you came across those years ago *3
そして、君がこの数年に出合ってきたことのすべてなんだ
Now you go too far *4
もう君はとても遠くに行っている
Don't tell me that I've changed because that's not the truth
僕が変わったなんて言わないでくれ。そんな事はないのだから
And now I'm losing you ※
僕は君を失おうとしている

Fragile sound *5
か細い響き
The world outside just watches as we crawl *6
外の世界は、僕たちが這うように進むのをただ見守るだけ
Crawl towards a life of fragile lines *7
か細い糸のような人生に向かって這い進むのを
And wasted time
無駄に時を費やした人生

And so I cry
だから、僕は泣くだろう
As I hold you for the last time in this life *8
君を抱くのがこの人生で最後となる時が来たら
This life I tried so hard to give to you
君にすべてを捧げようとしてきたこの人生で
What would you have me do? *9
君は僕がどうする事を望んでいるのだろう?

※~※

Where I used to end was where you start *10
いつだって僕の終着点は君にとっては始発点だった
You were the only one
君は僕にとって唯一の人だった
And now I see your eyes move too fast *11
今君の目はあちこちに動き回っている
You were the only one
唯一の人だった君なのに

Careful hands *12
気を使い、用心深くなったお互いの手と手
And wandering without that much to say
口数少なく、当てもなく歩き回る
Your words are empty as the bed we made *13
君の言葉は、今の僕たちのベッドのように空虚だ
Is there another way?
何か他に道はないのかい?
Oh love, is there another way?
愛しい人よ。何か他に道はないのかい?

※~※

And now I'm losing you
僕は今、君を失おうとしている


備考
  1. resist : 抵抗・反抗・反撃する。~に侵されない、~に耐える。~を我慢する
    decay : 腐敗、腐朽。虫歯。衰え、衰退、消滅、堕落
  2. would : ここではおそらく「過去における習慣、習性、反復的動作」を表す「きまって(よく)~したものだ、~するのであった」という意味だろうと思う。
  3. come across : 渡って来る、横切る。出くわす、ふと(偶然)見つける、見かける、遭遇する
  4. go too far : 度が過ぎる、度を超す、やり過ぎる、言い過ぎる、遠くに行き過ぎる
  5. fragile : 壊れ(折れ・砕け)やすい、もろい、弱い。華奢な、か細い、繊細な。実質のない、薄弱な、中身のない。虚弱な、元気のない、調子の悪い
    ※ "sound" は具体的に何の音を指しているのだろうか? 裏の意味としては彼らが作る「音楽」を指すのだろうが、表の「失恋の歌」としては曖昧でよく分からない。全体の文脈から「君」の声なのではないかと思うが確信は持てない。
  6. world : 世界、人類、人間、世間の人々、この世、世間、俗世、俗事、~界、宇宙、森羅万象、多数・多量・無限、天体・惑星
  7. line : 線。筋、縞、しわ。境界(線)、境、限界。輪郭、外形。進行方向、道筋、方向・方針。電話、電線。糸、紐、細綱。列、連続、行列。
  8. for the last time : 最後に、それを終わりとして、(それが最後になるように)今度こそきっぱり
  9. have + 人 + 動詞の原形 : ~に~してもらう、~に~させる。
    ※ have は「義務や立場的に自然・当然な事をさせる」という含意がある。一方 let は「許可する、したい事をさせてやる」、make は「強制する、無理にでもやらせる」という含意がある。
  10. used to do : 過去に~をしていた(現在はしていない)、以前は~だった(が今は違う)。過去の習慣や反復的・継続的な行動を表す。
  11. ※ "eyes move too fast" は正確な意味が分からない。彼女が目をきょろきょろさせて自分以外のものばかり見ていることを示唆するものだろうと思うが確信はない。
  12. ※ "careful hand" は通常「注意深い(用心深い)手つき」や「丁寧な仕事」、「人を気遣って世話をすること」等の意味になるのだろう。そのどれもそのままでは当てはまらないような気がする。「用心深い手つき」がいちばん近いように思えたのでそれを適用し、"hands" と複数形であることを根拠に二人の「手と手」であると想像して意訳してあるが、間違っているかもしれない。
  13. "as the bed we made" は「かつて僕たちが(一緒に)整えたベッドのように」なので、おそらく「前は同衾していたが今はそうではない」ことを示唆するものなのだろう。


 2015年のアルバム "Wilder Mind" より。曲名はニューヨーク・ブルックリンにある "Ditmas Park" という地区名でこのアルバムを録音したスタジオのある場所です。Park と言っても「公園」ではなく、古い家屋、町並みなどが歴史的遺物として保存されている地区を指しています。歌詞は表面的には失恋を表す内容でしょうが、バンジョーに象徴される素朴な音作りから電子機器を使った現代的な音作りへと変わってきたことに関するバンドとしての自己弁明の意味合いも込められているそうです。その場合歌詞の「君」はファンや評論家、メディアなどを指すことになるのでしょう。
 自分の恋愛感情を書き言葉にした経験がないため、このような歌詞の翻訳は非常に苦手です。特に男の書いた歌詞は他人の事なのに訳しているこちらが気恥ずかしくなってきます。ただ、Marcus Mumford の書く歌詞は適度に格調高く詩的な感じがします。英語の詩的な美しさはよく分からないのですが、なかなか詩才のある人なのではないでしょうか。

Proud And Humble : Imelda May

2017年06月21日




I said Lord here's the total of what I done
言ったでしょう、神様。これが私の過去の行いのすべてです
Sometimes I did good, sometimes I done wrong
時には良い事もしたし、時には悪い事もした
But I did the best I could from where I come from
けれど、私はいつでも全力を尽くした。生まれてからずっと
And I'll keep on tryin' till my day is done
そして、これからもそうする。人生が終わるまで

※ And so I'm proud and humble, humble and proud *1
そしてまた、私は傲慢であり、謙虚でもある
Yeah, I'm proud and humble, humble and proud
そう。謙虚であり、傲慢でもあるの
I'll be proud and humble, humble and proud when I come
これからもずっと傲慢で謙虚。生まれた時から
Yeah, when I'm done ※ *2
疲れきって終わる時まで

Oh, I made the most from what I knew then *3
その時々で知り得たもので精一杯の事をした
But if I lived it over I'd do the same again *4
ただ、もしもう一度生き直せるとしても私は同じ事をするでしょう
I try, I try for You to please
努力する。何でもやってみる。あなたを喜ばせるためだったら
But You know I'm only human, You created me
でもね。私はただの人間。あなたの被造物なのよ

※~※

Well I'm humbled by You and thankful oh Lord
あなたにこの高慢な鼻を挫かれるのは喜ばしいこと
I studied Your life and Your holy word *5
私はあなたの人生、あなたの聖なる言葉を勉強した
But I hold my head just a little high *6
けれども、少しは胸を張って顔を上げていたいの
'Cos I'm proud that I got on with this given life *7
私は誇りに思っているのだから。この与えられた命と仲良くしていくのを

※~※


備考
  1. proud : 誇りに思う、誇りを持った、自尊心のある、尊大な、高慢な
    humble : [形] 謙虚な、謙遜する、腰が低い、つつましい、身分が低い、卑しい、粗末な。 
    [動] 謙虚(控えめ)にさせる、くじく、誇りを傷つける、失意させる、卑しめる、さげすむ、低く評価する、地位を下げる
    ※ヨブ記40-12 "look at all who are proud and humble them, crush the wicked where they stand. 高慢な者を見たらその尊大さをくじき、悪人をその場で打ち砕け"
     上の文は、神がヨブに「自分に義があり自ら裁きができると思うのならば、このようなことをしてみせよ」と迫る場面の一部。神はヨブにそのような力がなく "裁き" は神のみにできることであることを教えようとする。
  2. done : [形] 仕上がった、完成した、済んだ。よく煮えた(焼けた)。疲れきった、消耗しつくした
  3. make the most : 最大限に活用する、思い切り楽しむ、無駄にしない、十分重んじる、出来るだけ大事にする
  4. over : もう一度、繰り返して
  5. ※ここに "life" とあることからこの "Your" はイエス・キリストを指すものと思われる。また、三位一体論に基づき "You" と "Lord" は同一のものと捉えられる。キリスト教の神はこの宇宙で唯一絶対の創造主であるはずで父(本質)と子(イエス)と聖霊(顕現する超自然的力)が同一のものであるとする三位一体論は理屈では理解しがたいが、キリスト教徒には自然に信じるものとして受け入れられているのだろう。
     また、この翻訳では「神様」という訳語を使っているが、日本人のイメージする曖昧な神様という言葉はキリスト教徒のイメージする「主、神、王、創造主」とはかなり違っているだろうから、この訳文全体が原文の英語とは雰囲気が違っているかもしれない。英文はもっと真摯で真面目な感じではないかと思うが、そのニュアンスを上手く訳文に反映できなかった。
  6. hold one's head high : 堂々と顔を上げる、困難に際しても人前で毅然としている、自信・誇りを持って胸を張る、堂々と振舞う
  7. get on with : ~と仲良くやっていく、~をどんどん進める、~で何とかやっていく、折り合う、付き合う


 2010年のアルバム "Mayhem" より。イメルダ・メイはアイルランド人なのでおそらくカトリック教徒だと思われます。創造主の存在とその力を信じ聖書を生きる指針とするものの、人間をいわれなく貶める教義には異議を唱えるという考えが表れている歌詞なのでしょう。宗教や文化の違いが対立を生みやすい現代、このような冷静な宗教観を持つことはいろいろな場面で大切なことだと思います。

Good Goodbye : Linkin Park

2017年06月15日




[Chester:]
So say goodbye and hit the road *1
別れの挨拶をしろ。もう行け
Pack it up and disappear
さっさとやめろ。消え失せろ
You better have some place to go
どこか他の場所があるだろう
'Cause you can't come back around here
お前はここには戻って来れないんだから
Good goodbye
これでさよならだ
(Don't you come back no more)
(二度と戻って来ないんだよね?)

[Mike:]
Live from the rhythm, it's something wild, venomous *2
音楽に基づいて生きる。それは、どこか獣じみて毒のあるものだ
Enemies trying to read me. you're all looking highly illiterate *3
俺を解釈しようとする敵たちよ。まるで文盲だな
Blindly forgetting if I'm in the mix
目が見えず考えが及ばないようだが
you won't find an equivalent *4
仮に俺が混合物だとしたら、それを一言で表す一語などないだろう?
I've been here killing it *5
俺はここでずっとうまくやってきた
longer than you've been alive, you idiot
お前たちが生まれる前からな。阿呆ども
And it makes you so mad
そりゃあ頭にもくるだろう
somebody else could be stepping in front of you
脇から急に割り込まれたようなようなものだからな
And it makes you so mad
頭にもくるだろうが
that you're not the only one there's more than one of you
お前だけじゃないんだ。他にもお前みたいなのがいっぱいいる
And you can't understand the fact that it's over and done, hope you had fun
もう終わったことだと分からないんだな。まあ、せいぜい楽しめよ
You've got a lot to discuss on the bus headed back where you're from
帰りのバスの中で議論する話題がたくさんあってよかったな

[Chester:]
So say goodbye and hit the road
別れの挨拶をしろ。もう行け
Pack it up and disappear
さっさとやめろ。消え失せろ
You better have some place to go
どこか他の場所があるだろう
'Cause you can't come back around here
お前はここには戻って来れないんだから
Good goodbye
これでさよならだ

[Pusha T:]
Goodbye, good riddance, a period is after every sentence *6
さよならだ。せいぜいしたぜ。どんな文にもピリオドってのがつくものさ
Did my time with my cellmate, maxed out so now we finished *7
同じ房で一緒に過ごしたが、もう限界だ、疲れたよ。俺たちはもう終わりだ
Every day was like a hail date, every night was like a hailstorm
毎日が霰に打たれるようだった。毎夜が嵐のようだった
Took her back to my tinted windows showin' out, she in rare form *8
彼女を取り戻せたら、最高の女をこのスモークガラスから見せびらかせるんだが…
Wings up, now I'm airborne, King Push, they got a chair for him *9
だが、翼を広げた俺は空高く昇る。プッシュ王は玉座に鎮座する
Make way for the new queen, the old lineup, where they cheer for 'em
道を開けろ。新たな女王が必要だ。ここでは声援されるのは古い顔ぶればかり
Consequence when you ain't there for him *10
お前がいなくなった結果がこれだ
Were you there for him?
そもそもお前は彼のためにここにいたのか?
Did you care for him?
彼を大切にしたのか? *11
You were dead wrong
お前は絶対に間違っている

[Chester:]
(Don't you come back no more)
(二度と戻って来ないんだよね?)
So say goodbye and hit the road
別れの挨拶をしろ。もう行け
Pack it up and disappear
さっさとやめろ。消え失せろ
You better have some place to go
どこか他の場所があるだろう
'Cause you can't come back around here
お前はここには戻って来れないんだから
Good goodbye
これでさよならだ

[Stormzy:]
Let me say goodbye to my demons
さよならを言おう。俺の中の悪鬼に
Let me say goodbye to my past life
さよならを言おう。過去の所業に
Let me say goodbye to the darkness
さよならを言おう。暗黒の世界に
Tell 'em that I'd rather be here in the starlight *12
そうだよ。俺は星の光の差すここの方がいいんだ
Tell 'em that I'd rather be here where they love me
みんなが俺を好きでいてくれるここにいたいんだ
Tell 'em that I'm yours this is our life
俺はお前のものなんだ。それが俺の人生なんだ
And I still keep raising the bar *13
そして、俺は今でも自分に課すハードルを上げ続けてる
like never seen a young black brother in the chart twice
こんな若い黒人が音楽チャートに二度も載るなんてこれまでなかっただろう
Goodbye to the stereotypes
型にはまった紋切り表現などおさらばしろ
You can't tell my kings we can't *14
俺たちは "王" だ。「お前らにはできないよ」なんて誰にも言わせはしない
Mandem we're linking tings in parks *15
昔俺たちは仲間とハイド・パークで女たちと遊んでたが
Now I gotta tune with Linkin Park
今じゃ、天下のリンキンパークと共演してる
Like goodbye to my old hoe's, goodbye to the cold roads
昔なじみのアバズレどもにさよならだ。
I can't die for my postcode *16
住んでる所のせいで死ぬなんてあり得ないだろ
Young little Mike from the Gold Coast *17
幼く小さなマイクはアフリカ、黄金海岸から来て
And now I'm inside with my bro bro's gang *18
今じゃギャング仲間と一緒に刑務所暮らしさ

[Chester:]
So say goodbye and hit the road
別れの挨拶をしろ。もう行け
Pack it up and disappear
さっさとやめろ。消え失せろ
You better have some place to go
どこか他の場所があるだろう
'Cause you can't come back around here
お前はここには戻って来れないんだから
Good goodbye
これでさよならだ


備考
  1. hit the road : 旅に出る、旅立つ、出かける、出発する、出て行く、去る
  2. from : (原因・動機・媒体・手段)~から、~で、~によって。(視点・観点・判断の根拠)~から見て・判断して、~に基づいて
    venomous : 毒をもつ、有毒な、害をなす、悪意ある、ひどい、不快な
  3. read : 読み取る、判断する、解釈する、推察する
    illiterate : 読み書きのできない、文盲の。無学の、無知な、教養のない
  4. equivalent : 同等のもの、等価物、等量物、相当物。相当語句、同義の語
  5. kill it : 最高のパフォーマンスをする、上手くやる
  6. riddance : 取り除くこと、除去。免れること、脱出、救助、解放
    good riddance : いなくなってせいぜいだ、いい厄介払いだ、
  7. cellmate : 刑務所の同房者
    max out : 限界に達する、使い果たす、疲れ果てる
  8. tint : 薄い色合い・香り・陰影をつける、染める、車等の窓ガラスに色フィルムを貼る
    in rare form : 調子がいい、最高の状態、(薬・酒等で)陶酔・酩酊・夢中・興奮等の状態
    ※本来は "I wish I took …" で文頭が省略された「仮定法」ではないかと思うが、間違っているかもしれない。
  9. airborne : 空気で運ばれる、飛行中の、空高い、空中に上がる、空輸の、空挺部隊の
  10. consequence : 結果、なりゆき。結論、帰結。重要性、重大さ
  11. dead : [副詞] 完璧に、完全に、絶対に、真剣に、突然、だしぬけに
  12. (you) tell 'em : そうそう。全くその通り。よく言ってくれた。
  13. raise the bar : 達するべき水準を引き上げる、基準や期待値を上げる
  14. ※直訳すると「俺の王様たちに向かって "お前たちにはできない" などと言わせはしない」となるのだろう。「キング、王様」は Stormzy ら若い世代の黒人の歌い手たちを指し、彼らや自分を鼓舞する意図を込めた言葉なのではないだろうか。
  15. Mandem : 仲間や友人たち
    link : 連結する、結合する、つなぐ、関連させる。手を握る、腕と腕を組み合わせる
    ting : 一時的な遊び相手としての異性、または女
  16. postcode : イギリスの郵便番号。ほぼ正確な住所が特定できる。
    ※イギリスでは貧富の差に応じて居住区が明確に分かれているらしい。postcode は住所や居住地域を指しているように思えるが、その意図はよく分からない。一応想像で、治安の悪い街にしか住めないために命を落とすなんて真っ平だという意味で訳したが、間違っているかもしれない。
  17. Gold Coast : 黄金海岸。アフリカ西部の旧英領植民地で現在はガーナ共和国の領土。
    ※ Stormzy は本名が Michael Ebenazer Kwadjo Omari Owuo, Jr. なのでこのマイクは自分のことを指しているのだろう。また彼はガーナ人の家系であるらしいが、彼自身はロンドン生まれなのでこの部分は事実としては不正確であるが、彼がガーナの文化遺産を継承するという意識を強く持っていることの表れなのだろうと思われる。
  18. inside : 刑務所に、入獄中で、食らい込んで、獄内で


 2017年のアルバム "One More Light" より。バスケットボール好きのマイク・シノダはこの歌について次のように語っています。「…試合中のある瞬間を描きたかった。ある選手が反則で退場になる。そして、チアリーダーたちが歌いながら彼を追い出すという場面さ」。またチェスター・ベニントンはこう言います。「二つの意味を込めたかった。試合から追い出される者、悪い人間関係から脱け出す者」。これに基づけば、この歌の主旨は「退場」あるいは「決別」、「告別」などとなるのでしょう。
 プシャ・T は1977年米バージニア州生まれのラッパー、ストームジーは1993年英ロンドン生まれのグライム及びヒップホップアーティストだそうです。
 全体の構成を単純化、戯画化すると次のようになるのではないでしょうか。本当はもっと真面目、深刻な感じだと思いますが…。
 チェスター  : 別れの挨拶をしろ。さっさと失せろ。
 マイク    : いつまで昔の事ばっかりしゃべってるんだ。阿呆か。今の俺を見ろよ。
 チェスター  : 別れの挨拶をしろ。二度と戻ってくんな。
 プシャ・T   : いい女だったなあ。お前がいなくて寂しいよ。
 チェスター  : 別れの挨拶をしろ。どっかよそに行けよ。
 ストームジー : もう悪さはしないから、ここで音楽やらせろよ。



最新記事