All The World Is Green : Tom Waits

2017年04月23日




I fell into the ocean when you became my wife
俺は海に落ちた。お前が俺の妻となった時に
I risked it all against the sea to have a better life *1
すべてを失う危険を冒して俺は海に立ち向かった。よりよい人生を得るために
Marie you're the wild blue sky and men do foolish things *2
マリー。お前は荒れ狂う憂いの空だ。男たちに馬鹿げた事をさせる
You turn kings into beggars and beggars into kings
お前は王を乞食に変え、乞食を王に変える
Pretend that you owe me nothing and all the world is green *3
お前が俺に借りなどないと装ってくれれば、世界中が新緑になるだろう
We can bring back the old days again when all the world is green
俺たちは昔を取り戻せる。そして、世界は緑に輝くんだ

The face forgives the mirror, the worm forgives the plow *4
映された顔は映した鏡を許すの。切られたミミズは切った鋤を許すの
The questions begs the answer, can you forgive me somehow?
質問は答を請うものなの。あなたはどうにかして私を許せるかしら?
Maybe when our story's over we'll go where it's always spring
私たちの物語が終わる時、私たちは常春の地へ行けるでしょう
The band is playing our song again and all the world is green *5
楽団がまた私たちの歌を演奏している。世界が新緑に輝く
Pretend that you owe me nothing and all the world is green
あなたが私に借りなどないと装ってくれれば、世界中が新緑になるでしょう、
Can we bring back the old days again when all the world is green
私たちは昔を取り戻せるかしら。世界がまた新緑に輝くかしら

The moon is yellow silver, oh, the things that summer brings
月が黄ばんだ銀色に光る。夏が運んでくる光だ
It's a love you'd kill for and all the world is green *6
お前が欲しくてたまらない愛だ。そして、世界は新緑に輝く
He is balancing a diamond on a blade of grass *7
神は、ガラスの刃の上にダイヤモンドを載せ、均衡を保たせている
The dew will settle on our graves when all the world is green *8
いずれ俺たちの墓にも露が降りる。その時世界は緑に輝くだろう
Pretend that you owe me nothing and all the world is green
俺に借りなどないと装ってくれ。そうすれば、この世界は緑に輝き
We can bring back the old days again when all the world is green
俺たちは昔を取り戻せる。そして、世界は緑に輝くんだ

He is balancing a diamond on a blade of grass
神は、ガラスの刃の上にダイヤモンドを載せ、均衡を保たせている
The dew will settle on our graves when all the world is green
いずれ俺たちの墓に露が降りる時、この世界は緑に輝く


備考
  1. risk : (失いたくない物を失う)危険にさらす。こうむる危険を冒す、(~を覚悟して)受ける。(危険を招く行動を)あえて取る、危険を冒して行く
  2. wild : 野生の、未開の、野蛮な、荒涼とした、人の住まない。(風・海・時代・争い等が)猛烈な、荒れ狂う。(人・行為・感情等が)狂気じみた、取り乱した、ひどく興奮した。(人・行為等が)手に負えない、乱暴な、放縦な、凶暴な
    blue : 青い。血の気を失った、青黒い。気が滅入った、憂鬱な、悲観的な
  3. pretend : ~を装う、~のように見せかける、~のふりをする。(子供が)~のまねごと遊びをする、~のつもりになる。
    ※ "pretend" は命令形だろうと判断し訳しているが、もしかしたら間違っており、主語として "You" または "I" が省略されているのかもしれない。
    owe : 借りがある、借金がある、借りている。(ある感情を~に)抱いている、感じている、(義務等を~に)負っている。
    green : 緑の、草色の。草木で覆われた、青々とした、新緑の。未熟の、青い。生の、乾燥していない。最新の、生々しい。青ざめた、嫉妬深い。活気のある、元気な、若々しい。
    ※ "green" はこの世界があるべき姿であること、二人の置かれた環境が好ましい状態であることを表しているように思える。
  4. ※ "The cut worm forgives the plow." はウィリアム・ブレイクの "The Proverbs of Hell 地獄の格言" という詩の一節。
  5. ※マリーの浮気相手は軍楽隊の鼓手長である。
  6. kill for : ~のためなら何でもする
    would(could) kill for : ~が欲しくてたまらない、なにがなんでも欲しい
  7. ※トム・ウェイツの別の歌 "Bottom of the world" に "Well God's green hair is where I slept last. He balanced a diamond on a blade of grass." という歌詞があるので、ここの "He" もおそらく "神" を指しているのではないだろうか。
    balance : 平衡(均衡・釣り合い)を保たせる、調和させる。比較検討する、はかりにかける。平均させる、つりあわせる、相殺する。(二つの物を)天秤で量る、重さを比べる。勘定を決算する、差引勘定する、帳尻を合わせる、清算する。
    ※「価値が低くしかも壊れやすいガラスの刃の上に高価なダイヤモンドを載せて落ちないようにバランスをとる」という不安定で危険な作業を神は常日頃行なっており、私たちの日常はそのような "神業" に支えられて成り立っている、という意味だろうと思うが、もしかしたら間違っているかもしれない。
  8. dew : 露、しずく。露のように純粋なもの、爽やかなもの。瑞々しさ。
    settle : 落ち着く、ゆったりする。定住する、住み着く。下に沈む、沈殿する。(澱等が沈んで液体が)澄む、透明になる。(鳥・虫等が)留まる、降りる。


 2002年のアルバム "Blood Money" より。
 2000年初演のミュージカル『ヴォイツェック』で使われた歌です。劇中では、第一連と第三連は主人公の兵卒ヴォイツェックが歌い、第二連は愛人マリーが歌っています。
 原作は23歳で夭逝したドイツの劇作家・革命家・科学者ゲオルク・ビューヒナー(1813-37)が1835年頃執筆した未完の戯曲です。断片的な草稿しか残っていないため、舞台の上演や映画化のたびに演出家によって異なるストーリーが作られているそうです。原作ではっきりしているのは、精神に異常をきたしている主人公が浮気した愛人を刺殺しその後(おそらく)入水自殺するという事件が物語の核だということです。ウィキペディアに原作の概要が書かれているのでそれを読むとこの歌詞がより分かりやすくなると思います。

Leave A Light On : Belinda Carlisle

2017年03月23日




Take my hand, tell me what you are feeling
この手をとって。あなたの感じていることを教えて
Understand this is just the beginning
分かってね。これはただの "始まり" なの
Although I have to go, it makes me feel like crying
私は行かなくちゃならないけど。私だって泣きそうになるけど
I don't know when I'll see you again
次にいつ会えるか分からないけど

※ Darling leave a light on for me *1
お願い。私のために灯りをつけたままにしておいて
I'll be there before you close the door *2
あなたが扉を閉ざしてしまう前に必ず戻るから
To give you all the love that you need
あなたに必要なだけの愛をあげるために
Darling leave a light on for me
お願い。灯りは消さないでおいて
'cause when the world takes me away *3
この世界が私を連れ去るその時まで
You are still the air that I breathe ※ *4
あなたはずっと私の生きる支えなの

☆ I can't explain
上手く説明はできない
I don't know just how far I have to go
どれくらい遠くまで行かなくちゃならないのかも分からない
But darling I'll keep the key, just leave a light on for me ☆
でもね。鍵はずっと持ってるから。だから、どうか灯りはつけたままでいて

Yes I know, what I'm asking is crazy
そう、分かってるわ。私の頼みは馬鹿げてる
You could go and just get tired of waiting
あなたは好きな所に行っていいのよ。待ちくたびれるのも当然
But if I lose your love, torn out by my desire *5
でもね。もしもあなたの愛を失ったら、私は自分の願望で引き裂かれてしまう
That would be the one regret of my life *6
この人生でただ一つの後悔となるでしょう

※~※
☆~☆

Just like a spark lights up the dark *7
暗闇を照らすたった一つの小さな火
Baby that's your heart
それこそが、あなたの心

[※~※]×2

Darling leave a light on for me
お願い。灯りはつけたままにして
I'll be there before you close the door
私はきっと戻るから。あなたが扉を閉ざしてしまう前に
I'll be all the love that you need
私がきっとなるから。あなたが必要とする愛に


備考
  1. ※ "leave the light on" は比喩表現で「あなたの心の中にわたしが戻れる場所を保っておいて」と言っているのだろう。
  2. ※上と同様に "close the door" は比喩的に「心を閉ざす」という意味だろう。
  3. ※ "the world" は「世界、人間、人類、世間の人々、この世、俗世間、社会、~界、宇宙、森羅万象」等だが、ここでは「現世」を表しているように思える。すなわち「命尽きるその時でも(その瞬間までも)」という意味ではないだろうか。
  4. ※直訳すると「あなたはずっと私が呼吸する空気だ」となる。想像で意訳してあるが、もしかしたら間違っているかもしれない。
  5. desire : 欲望、願望、願い。要望、要求。
  6. regret : 遺憾、残念、後悔。悲しみ、悲嘆、落胆、失望
  7. spark : 火花、火の粉。生気、活気。(才能等の)ひらめき。(宝石等の)輝き、きらめき。ほんの少し、わずか。火花放電、点火装置


 1989年のアルバム "Runaway Horses" より。
 何らかの事情で愛する男と一時的に別れなければならなくなった女の心情を歌っているのだろうと思いますが、その "事情" が具体的にどんなものなのかがなかなかうまく想像できません。とくに、「いつ会えるか分からない」、「説明できない」、「どのくらい遠くまで…かも分からない」などの歌詞が、その "事情" を分かりにくくしており、思わせぶりなものにしています。恋愛の障壁となるのは、例えばロミオとジュリエットのような家族に関わるもの、人種や宗教・文化など社会環境的なもの、病気や仕事など個人的な要因が絡むものなどがありますが、この歌詞にはどれもうまく当てはまらないような気がします。
 songfacts.com に「この歌は妻子を残してイラクへ行った兵士たちのために演奏されたことがある」というアメリカ人の投稿が寄せられていたのですが、たしかに、戦場に赴く兵士の心情を描いたものだと解釈するとすべての歌詞が矛盾なく理解できるように思えます。ただ、ベリンダ・カーライルに歌わせる作詞者の意図は違うところにあるのだろうと思います。やはり、納得のいく解釈は今の所思い付きません。
 ただ、一つだけ思い当たるのは、シンディ・ローパーの「タイム・アフター・タイム」という歌の心情と少し似ているように思えることです。この歌は自分の夢をかなえるために好きな恋人と泣く泣く別れ、その後もずっと彼のことを思い続けるという内容なのですが、ベリンダ・カーライルの歌ももしかしたら恋愛と自己実現とが一時的に両立できないという葛藤が描かれているのかもしれません。


 <関連記事>
  ☆ Time After Time : Cyndi Lauper

Hurt : Johnny Cash

2017年03月12日




I hurt myself today to see if I still feel
今日も自分を傷つけた。まだ感覚があるのか確かめるために
I focus on the pain, the only thing that's real *1
痛みに心を集中させる。これだけが "実在" を感じられる
The needle tears a hole, the old familiar sting *2
針で穴を開ける。慣れ親しんだ古傷の上に
Try to kill it all away, but I remember everything
消し去ろうとしても、全て忘れられない

What have I become, my sweetest friend?
私はどうなってしまったんだろう? 親しき友よ
Everyone I know goes away in the end *3
私の知る者は皆、何時かはいなくなってしまう
And you could have it all, my empire of dirt *4
君はすべてを手にしていいんだ。この私の汚れた帝国を
I will let you down, I will make you hurt *5
私は君を失望させるだろう。君を傷つけるだろう

I wear this crown of thorns upon my liar's chair *6
私は茨の冠を戴き、偽りの玉座に座る
Full of broken thoughts I cannot repair
思いは粉々に砕け、修復することができない
Beneath the stains of time, the feelings disappear *7
時が染みのように浸透していく中で、感情が消え失せていく
You are someone else, I am still right here
君は誰か別の人になる。私はまだここにいるのに

What have I become, my sweetest friend?
私はどうなってしまったんだろう? 親しき友よ
Everyone I know goes away in the end
私の知る者は皆、何時かはいなくなってしまう
And you could have it all, my empire of dirt
君はすべてを手にしていいんだ。この私の汚れた帝国を
I will let you down, I will make you hurt
私は君を失望させるだろう。君を傷つけるだろう

If I could start again a million miles away *8
もしもやり直すことができるのならば、百万マイルの彼方で
I would keep myself, I would find a way *9
本来のまともな自分を保ち、行くべき道を見つけたい


備考
  1. focus : 焦点に集める、焦点を合わせる。(注意・関心等を)集中させる
  2. sting : 刺すこと。刺し傷、刺された痛み。(体・心の)痛み、苦痛、苦悩。傷つけるもの、辛辣、苦痛の種。
  3. in the end : 最後には、最終的には、ついに、結局
  4. dirt : 汚れ、汚物、不潔なもの。(服等に付いた)泥、ごみ、ほこり、垢。排泄物。土、土壌。無価値なもの、ひどいもの、卑しい人間。不道徳、下劣さ
    ※ "have it all" は普通は不特定のものを一般に表現する言い方だろうが、ここでは "it" が "my enpire" を指しているように思える。
  5. let down : 低くする、下げる、降ろす、落とす。期待を裏切る、失望させる、がっかりさせる、期待に背く、見捨てる、見殺しにする、辱める、威信を傷つける。
  6. crown of thorns : 茨の冠、苦難
  7. stain : しみ、汚れ、汚染。染料による着色、染色。汚点、傷
    ※ "Beneath the stains of time" は直訳すると「時間のしみ・汚れの下で」となる。意訳してあるが間違っている可能性もある。
  8. ※ "a million miles away" は実際の距離ではなく「遙か離れた所」を表すため「死後の世界」や「死後の再生」、「天国」等を連想させる。
  9. oneself : 自分自身。自分みずから。本来の(平素の・正常な・健全な)自分
    be oneself : 本来の自分でいる。気取らない、自然にふるまう。体の調子がよい

Hurt : Nine Inch Nails

 ジョニー・キャッシュ(1932-2003) はカントリー、ロック、ロカビリー、ブルース、ゴスペル等の歌手・作曲家で、俳優、作家としても活躍しました。
 この歌は、元は "Nine Inch Nails" というバンドの1994年の曲で、2002年にジョニー・キャッシュがカバー曲としてシングル盤で発表したものです。
 元歌は薬物依存やリストカット等の自傷行為、あるいは自殺を仄めかす歌、人生を後悔する歌など、様々な解釈がされているようです。私はジョニー・キャッシュについてカントリーの大御所というくらいの認識しかなく彼の歌も数曲しか聴いたことがありません。しかし、たまたま見つけた冒頭の動画に深く感銘を受けたため、名も財も成し人生への後悔など無さそうに見えるジョニー・キャッシュのような人物がこの歌を選び歌うという行為に込められた心情を想像しながら翻訳しました。


 <関連記事>
  ☆ Riders on the Storm : The Doors
  ☆ Raise Hell : Brandi Carlile



最新記事