Starring Role : Marina & The Diamonds

2017年11月02日




You're hard to hug, tough to talk to *1
気軽にハグもできない。話をするのも大変
And I never fall asleep when you're in my bed
それに、全然眠れない。一緒のベッドにいる時
All you give me is a heartbeat *2
あなたがくれるのは心臓の鼓動だけ
I've turned into a statue *3
まるで銅像にでもなったみたい
And it makes me feel depressed
だから私は落ち込んでしまう
'Cause the only time you open up is when we get undressed
だって、あなたが私に心を開くのは二人が裸の時だけだから

You don't love me, big fucking deal *4
あなたは私を愛していない。そう、一大事よ
I'll never tell you how I feel
でも、私は自分のこんな気持ちをあなたに言うつもりはない
You don't love me, not a big deal
あなたは私を愛していない。でも、大した事じゃないわ
I'll never tell you how I feel
こんな気持ち、あなたには絶対言わない

It almost feels like a joke to play out a part *5
こんな役を最後まで演じるのはまるで冗談みたいね
When you are not the starring role in someone else's heart
他の誰かさんの心にとっては、あなたも主役じゃないのだから
You know I'd rather walk alone, than play a supporting role
私もいっそ一人で歩く方がいいのかしら。脇役を演じているよりも
If I can't get the starring role
私も主役になれないのだとしたら

Sometimes I ignore you, so I feel in control
時々あなたが見えないふりをすると、自分の思うままでいられる気がする
'Cause really, I adore you, and I can't leave you alone *6
なぜなら、私は本当にあなたを好きだから。あなたを一人にはしておけないから
Fed up with the fantasies that cover what is wrong *7
夢物語の空想はもううんざり。でも、嫌な事を覆い隠してはくれる
Come on, baby, let's just get drunk, forget we don't get on *8
ねえ、二人とも酔ってしまおうよ。仲良くできない事なんて忘れて

You like my dad, you'd get on well
あなた、私の父は好きよね。きっと仲良くできるんでしょうね
I send my best regards from hell *9
最高に嫌味な挨拶を伝えておいてあげる

It almost feels like a joke to play out a part
こんな役を最後まで演じるのはまるで冗談みたいね
When you are not the starring role in someone else's heart
他の誰かさんの心にとっては、あなたも主役じゃないのだから
You know I'd rather walk alone, than play a supporting role
私もいっそ一人で歩く方がいいのかしら。脇役を演じているよりも
If I can't get the starring role
私も主役になれないのだとしたら

I never sang for love, I never had a heart to mend
私は愛を求めて歌ったことなどない。心を痛めて治したことなどない
Because before the start began, I always saw the end
なぜなら、初めの一歩を踏み出す前から、私はずっと終わりだけを見ていたのだから
Yeah, I wait for you to open up, to give yourself to me
そう。私は待っている。あなたが心を開くのを。すべてを私に捧げるのを
But nothing's ever gonna give, I'll never set you free
でも、私には何も捧げられることはないだろう。私はあなたを自由にしないのだから
Yeah, I'll never set you free
そう。私はあなたを決して自由にはしない

It almost feels like a joke to play out a part
こんな役を最後まで演じるのはまるで冗談みたいね
When you are not the starring role in someone else's heart
他の誰かさんの心にとっては、あなたも主役じゃないのだから
You know I'd rather walk alone, than play a supporting role
私もいっそ一人で歩く方がいいのかしら。脇役を演じているよりも
If I can't get the starring role
私も主役になれないのだとしたら

The starring role
主役には


備考
  1. tough : 丈夫な、頑丈な。固い、噛み切れない。不屈の、辛苦に耐えられる。乱暴な、喧嘩っ早い。(状況等が)つらい、きつい、厳しい
  2. ※前行から続くこの部分は、想像だが、セックスの後自分だけさっさと眠ってしまう彼に対する心情的な物足りなさを表しているのではないだろうか。
  3. ※ "have turned" と完了形なのは仮定法で婉曲や比喩を表しているのではないだろうか。
  4. big fucking deal : 超重大なこと、すごく大事なこと、一大事。実際には、反語的に「どうでもいい、大した事じゃない、それがどうした」等の意味で使われる事が多いらしい。
    ※ここでは上のどちらの意味で用いているのかよく分からない。両方が含まれる、あるいは変化の激しい屈折した心情を表しているのかもしれない。
  5. play out : 行動に表す、最後まで演じる、尽きる、疲れ果てる
    play a part : 役を演じる、芝居をする、~に関与する
  6. adore : 深く敬慕・敬愛する、熱愛する、崇拝する、大好きである
  7. feed : 食物・餌を与える、授乳する、精神的な糧を与える。飼う、養う、育てる。燃料・材料を供給する、給油する
    be fed up : ~にいらいらする、うんざり・飽き飽きする。満腹する
  8. get on : 仲良くやっていく、親しくする、成功する、仕事が捗る
  9. regard : 敬意、尊敬。考慮、顧慮。注視、凝視。好意、好感。敬意・愛情を表す挨拶、よろしくとの伝言
    A from hell :(名詞 A を修飾する形容詞として)ひどく不快な、いやみな、地獄の、最悪の、最低の、いんちきの、偽の


 2012年のアルバム "Electra Heart" より。
 この歌の圧巻は終盤の "I never sang for love" からの5行で、主題もここに凝縮されているようです。自分を軽い遊び相手としか思っていない男に対する恨みよりも、他人に対する自分の執着心の強さを嘆いている歌のように思えます。

Castle Of Glass : Linkin Park

2017年10月20日




Take me down to the river bend *1
川の曲がりに連れて行ってくれ
Take me down to the fighting end
戦いの終わりに連れて行ってくれ
Wash the poison from off my skin
肌についたこの毒を洗い清めてくれ
Show me how to be whole again *2
無傷の完全な自分に戻る方法を教えてくれ

Fly me up on a silver wing *3
銀色の翼に乗せて運んでくれ
Past the black where the sirens sing *4
サイレンの鳴るこの暗がりの向こうへ
Warm me up in a nova's glow *5
新星の白熱光で温めてくれ
And drop me down to the dream below
そして、下界の夢へと投げ下ろしてくれ

'Cause I'm only a crack in this castle of glass *6
俺はこのガラスの城の中の一つのひびに過ぎない
Hardly anything there for you to see
誰の目にもほとんど見えないほどのひび
For you to see
誰にも見えないほどの

Bring me home in a blinding dream, *7
目眩ましの夢に包まれた故郷へ連れ帰ってくれ
Through the secrets that I have seen
俺が見てきた秘密の数々を通り抜けて
Wash the sorrow from off my skin
この肌についた悲しみを洗い清めてくれ
And show me how to be whole again
無傷の完全な自分に戻る方法を教えてくれ

'Cause I'm only a crack in this castle of glass
俺はこのガラスの城の中の一つのひびに過ぎない
Hardly anything there for you to see
誰の目にもほとんど見えないほどのひび
For you to see
誰にも見えないほどの

'Cause I'm only a crack in this castle of glass
俺はこのガラスの城の中の一つのひびに過ぎない
Hardly anything else I need to be
望んでも他の何者かになることは至難だ

'Cause I'm only a crack in this castle of glass
俺はこのガラスの城の中の一つのひびに過ぎない
Hardly anything there for you to see
誰の目にもほとんど見えないほどのひび
For you to see
誰にも見えないほどの
For you to see
誰にも見えないほどの


備考
  1. ※2003年に開設され、後有名になり各国で出版されたブログ "Baghdad Burning" の著者のハンドルネームが "Riverbend" という。おそらくバグダッド在住のムスリム女性の書くこのブログは、戦争下の被害や人々の日常生活などを綴りながら米国の対イラク戦争(2003-11年)や対イラク政策を批判するとともにイスラム原理主義や過激派も同時に批判している。ちなみに、イラクのバグダッドはチグリス川の蛇行する中流域にある。
  2. whole : 全部の、完全な、無傷の、健全な、元のままの
  3. fly : (凧・気球等を)揚げる、(鳥等を)放つ。~を飛ばす、操縦する。~を飛行機で運ぶ・送る
  4. past : [前置詞] (時間を)過ぎて。(場所を)過ぎて、(~のそばを)通り過ぎて。~を越えて、~以上。
  5. nova : 新星。 それまで暗かった星(白色矮星)の表面に一時的に強い爆発が起こり、数日間で数万~数百万倍の明るさになり新しく星が生まれたかのように見える現象。その後緩やかに暗くなって元に戻る。
    ※「新星」という言葉は「刹那的な爆発→一時的な精神的昂揚」を強要される兵士の境遇を表しているのではないだろうか。そして、この前後4行も「乗せられ、運ばれ、温められ、落とされる」という兵士の受動的なあり方を仄めかしているように見える。
  6. crack : (陶器・硝子器の)ひび。(氷等の)裂け目・割れ目。(人格等の)欠陥。(銃の)発射・銃声。機会・チャンス・望み・試み
  7. blinding : 目をくらます、まばゆいばかりの。分別を失わせるような。(痛み等が)激しい、ひどい
    ※「目眩ましの夢」は、戦地の悲惨な状況や「秘密の数々」を知らず安穏としているアメリカ国民の認識を批判しているように見える。


 2012年のアルバム"Living Things" より。
 いろいろな解釈ができる歌詞だろうと思います。抽象的に言えば、組織や社会の中の矮小な構成員であり何らかの事情で傷ついている「俺」が自分の無力感を嘆いているように見えます。ただ、その組織や社会が「ガラスの城」であるのは硬質ではあるが同時に壊れやすいことを示唆し、矮小な自分が「ひび」であるのは「ガラスの城」を破壊する起爆剤の能力を潜在的に持っていることを示唆しているようにも見えます。つまり、表面的な悲観の底にこの世界を破壊してやろうというささやかな意志が隠されているようにも思えるのです。
 私個人は冒頭の動画で軍人が描かれていることに引きずられた感もありますが、この歌詞を一人の軍人のアメリカ社会に対する批判だと解釈しました。戦場で傷ついた自分の様々な思いを戦場を知らないアメリカ人たちは理解してくれない。それでも、非力な自分でも社会を変えるために何かできるのではないか、そして、それをすることによって自分の傷が癒されるのではないかと自問しているように感じました。
 ちなみに、動画の初めと終わりに掲げられている言葉は次のような意味です。
 "Inspired by many true stories"
 "多くの真実の物語に触発され(て制作し)た"
 "All great things are simple, and many can be expressed in single words: freedom, justice, honor, duty, mercy, hope." by Winston Churchill
 "すべての偉大な事柄は単純であり、その多くは一つの言葉で表す事ができる。例えば、自由、正義、名誉、義務、慈悲、希望といったように" ウィンストン・チャーチル
 動画の制作者はこのチャーチルの言葉を「欺瞞、偽善」だと批判しているように私には思えます。チャーチルは一般的にはイギリスを代表する偉大な政治家でありナチス・ドイツからヨーロッパを救った英雄だと称えられます。歴史的な事実としてはその通りなのでしょうが、一個人としての彼は独善的で横柄、気分屋で癇癪持ちと性格的に難のある人物だったようです。戦争の指揮においても兵士の命は言うまでも無く時によっては民間人の命すら作戦の犠牲にすることを躊躇しなかったと言います。そのような彼の自由や正義、名誉という美しい言葉の犠牲になった人々に思いを寄せる掲示なのではないかと想像しました。

Misfit : High Dive Heart

2017年10月18日




I see you crying, crying like you can't take no more *1
泣いてるんだね。もう我慢の限界なんだね
I know you're hiding
隠れようとしてるのも知ってるよ
but I don't know what you're hiding for
でも分からない。どうして隠れようとしてるの?
You're like a diamond shining underneath a billion rocks
君はダイヤモンドみたいに輝いてるんだよ。たくさんの石に埋もれてるけど

One of a kind, that don't mean that you're all alone *2
唯一無比であること。それは、君が孤独だという意味じゃないんだ
Not even trying, but damn I think it's beautiful *3
試すまでも無い。絶対だよ。僕は "唯一無比" は美しいと思う
been looking for another like ya
君はずっと "別の違う自分" を探し求めてきたんだろ
but they're out of stock *4
でもね。そんな在庫はないんだよ。手に入らないのさ

※ Don't quit doing what you're doing
今やってることをやめちゃだめだよ
cause you're different
人と違う、変わってるからという理由でね
I know people say that you're a misfit *5
知ってるよ。みんなが君を "はみだし者" と言ってるのは
but that's the thing I like about you ※
でも、君のそんな所こそを僕は好きなんだよ
Don't listen to all the crazy shit that they've been spittin' *6
聞く必要はないんだ。みんなが唾を吐くように言ってきたたわごとなんて
You know better than to try to fit in *7
君だって分かってるだろ。みんなに合わせるなんて馬鹿馬鹿しいことだって
That's the thing I like about you
今のままの君が僕は好きなんだよ
Don't listen to the lie lie
嘘偽りに耳を貸すなよ
lie lie lie lie lie lie lie lie lie lie
lie lie lie lie lie lie lie lie lie lie
みんなが言うのは、嘘、偽りだよ
That's the thing I like about you ※
だって、僕は君のそういう所が好きなんだから

You're from the future, a futuristic fantasy
君は未来から来たんだ。未来の空想の世界から
That style you're rockin' is from another galaxy *8
そのスタイル、きまってるよ。銀河系の外から来たみたいだ
Everybody's secretly wishing that they could be like you
隠してるけどみんなだって本当は君みたいになりたいんだ
You're like an alien, pick you out of a crowd inside a stadium *9
君は異星人みたい。スタジアムの群衆の中でもすぐ見つけられるよ
Ain't nobody else walkin' to the beat you drum *10
他の誰もが君のドラムに合わせて歩かないとしても
except for me I'm following you
僕は違うよ。僕は君について行くよ

※~※

Stones and sticks and bullets from lips *11
石や棒、銃弾がたくさんの唇から放たれる
no they ain’t ever taking us out *12
無駄だ。誰も僕たちを除け者になんかできない
Stones and sticks and bullets from lips
no they ain’t ever taking us out

※~※
That's the thing I like about you
今のままの君を僕は好きなんだよ


備考
  1. can't take it anymore : 我慢できない、もう限界だ
  2. one of a kind : ユニークなもの、独自のもの、比類の無いもの
  3. not even trying : やってみようともしない、試しもしない
  4. out of stock : 在庫が無い、手持ちが無い、品切れ
  5. misfit : (衣装等が)うまく合わない、ぴったりしない。はみだし者、環境に合わない者、不適格者、不適合者。
  6. shit = thing
  7. know better than to do : ~しない方が良いと分かっている、~するほど馬鹿ではない、~しないだけの分別がある
  8. rock : 衣服を自分に合うように着こなす、きめる。~のこなし方が上手い
  9. pick out : 選び出す、拾い上げる、選抜する、掘り出す、見つけ出す、見分ける
  10. ain't = is not, am not, are not
    ※ "Ain't nobody" の二重否定は、文脈から「肯定」ではなく「否定の強調」だろうと思う。
  11. Sticks and stones may break my bones but words will never hurt me. : [諺] 棒や石は私の骨を折るかもしれないが、言葉では私は傷つかない。→言いたい奴には言わせておけばいい。この歌と同じくいじめや差別と闘う歌、Sia の "Titanium" でも使わている。
  12. take out : 不要な物を取り除く、排除する。抜き取る、取り外す。人をやっつける、抹殺する。取り出す、持ち出す、テイクアウトする(持ち帰る)


 High Dive Heart はアメリカのシンガーソングライター Jason Reeves(1984年テキサス州生まれ)とカントリー歌手 Nelly Joy(本名 Danelle Leverett, 1983年テキサス州生まれ)のデュオによるユニット名です。
 この歌は "いじめ" をなくそうとする活動 "The Bully Project" と提携し "いじめ反対ソング" として2016年に発表したものです。こういういわゆる "健全な" 歌は個人的にあまり好みではないのですが、曲が格好いいので記事として掲載したくなってしまいました。訳し終えてふと歌詞の内容がシンディ・ローパーの "トゥルー・カラーズ" という歌と似ていることに気づきました。
 この歌は下の動画で知りました。動画の詳細については、次の括弧内のサイトに詳しい日本語の解説があります。彼女の掲げる言葉も全文和訳されているので、興味のある方は是非ご覧下さい。(http://secretbox.life/archives/1374

 


 <関連記事>
  ☆Paracetamol : Declan McKenna



最新記事